2011年11月6日日曜日

Youkuから超清モードでダウンロードする方法

【準備】
FireFoxを使った方法

・対象とするサイト
 Youku
 http://www.youku.com/

・必要なアドオン
 DownThemAll!
 https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/downthemall/

・利用するURL(Youku以外)
 FLVCD
 http://www.flvcd.com/ 


【手順】

1.Youkuで適当にDLしたい動画を見繕い、対象動画のURLをコピーする

2.1でコピーしたURLをFLVCDに貼り付ける

3.ダウンロードURLの一覧が出るけど、最初は標準画質のもの。
 ここで「超清模式解析」を押す。

4.すると今度は超清画質ファイルへのリンクが表示される

5.ページ内の適当なところで右クリックしてコンテクストメニューを出す。
 ここで上記ダウンローダを呼び出す

6.ダウンロード対象一覧が出てくる。
 ここで標準のフィルタにあるチェックを全部はずしておいた上で
 カスタムフィルタに「getflvpath」を指定すると動画ファイルだけが指定される。
 (設定は保存されるので2回目以降は設定不要)


***

同様に、超清モードが用意されていない動画でも3.で「高清」を指定すると
相応の画質でダウンロード可。(この場合フォーマットがmp4になる)

ちなみにリネームしない状態でダウンロードするとファイル名が16進の
ならびになる。
10個以下(並びが0~9)であれば気にする必要はないも、それを超えると
ソート順によってはA~Fが頭にくるので、プレイリストに入れるときは
適宜並べ替えること。
※The KMPlayerは11個以上の連番ファイルの並びを正しく認識できないけど
 VLC media playerはプレイリストで名前順に一発でソート可能なので便利

[その他Tips]
・午後6時~午前1時は悲惨なまでに重いので、その他の時間帯に
 まとめてダウンロードしておくと吉。負荷分散に協力してあげましょう。
 ちなみに朝方や日中は調子よいとかなり高速。

・操作しない状態でほうっておくとチェックがかかるのか、URLが無効になる?ため
 403エラーや404エラーが出る。
 最初単発でエラーが発生した後、後続のキューがすべてエラーになるので厄介。
 単発で出た時点ですかさず何度かやり直してあげると正常にダウンロード続行可。
 張り付いていてあげないとしんどいかも。

2011年10月10日月曜日

格安タイヤを買ってみました+おまけ

交換してきたタイヤのインプレと比較のメモ。

※ここでは乗り心地がシャープなほうをよしと評価しています。

■ブリヂストン スニーカー → ファルケン シンセラ(SINCERA)

ヴィヴィオ 155/65 R13

【総合評価】
価格やラインナップ的にはスニーカーが上位だけあって
スニーカーに軍配。
トレッドパターンはシンセラのほうが安っぽくなくて好きなんだけど。

・ステアリングフィール、応答性
スニーカーがキビキビしている。
特に低速走行時に反応の違いが出る。

・ウェット性能
ほぼ同等で、若干シンセラが上回る程度。
目立った差はなかった。

・乗り心地
若干アンダー目なステアリングと相俟って、
シンセラはフワフワした乗り心地。
ロードノイズはシンセラが若干おとなしめな程度。


■ブリヂストン エコピア(ECOPIA) EX10 → ハンコック ZETRO C4

DYデミオ 175/65R14
※前輪のみ交換、エコピアを後輪へローテーション

【総合評価】
省燃費タイヤとして安タイヤと一線を画すエコピア。
それに対抗するはイエローハットの格安タイヤZETRO。
しかし予想に反してZETROのコストパフォーマンスはすばらしい。
ただし少々難あり。

・ステアリングフィール、応答性
ZETROの圧勝。
タイヤ交換して駐車場から道路に出ようとハンドル切った時点で違いがわかる。

・ウェット性能
けっこうな大雨の中高速を飛ばしたけどエコピアは安定していた。
ZETROもさほど不安を感じなかったので差はないように思える。

・乗り心地
エコピアのフワフワした乗り心地はどうも好きになれなかった。
一方でZETROはカッチリとした乗り味であると同時に、しっかりと
ロードインフォメーションを拾うあたり高速での橋の継ぎ目・段差の
ショックはその分シビア。
ここは許容するレベルや好みによる。


・その他メリット、デメリット
よい点
新タイヤというのもあってか静か。
エコピアはかなりロードノイズがでかかった。
ネット上では静かだという評判ちらほらあれど、決してそんなことは
ないと思う。
新品の時はそうでないかもしれないけど、ある程度走ってる現状は
けっこうやかましい部類に入ることは確か。

一方ZETROはけっこう静かで、毎日高速を往復120kmかっとばす身としては
ストレスが減ってナイス。

具体的には。AMのカーラジオがボリュームがいつも16~18だったのが
気がついたら12で高速走ってた。

五百歩譲って絶対的な音量自体はさほどないかもしれないとしても、
エコピアのロードノイズの質がAMの音域と近い中音域の「ゴー」という
音であるのに対し、ZETROは「サー」という音に近い。
なのでAMでトークメインの番組を聴くと会話内容がはっきり聞こえる。
車内での会話も同じように影響するかも。


悪い点
タイヤバランスが非常にシビア。
YHで取り付け時にピットのお兄ちゃんにバランサで計測して調節して
もらったけど70km/hでブレが発生。
その後店長さんに改めてやってもらったらけっこう落ち着いた。

さて往復120kmの慣らしを終えて。

高速性能がなんぼのもんか120km/hまで出してみたら
110km/hからハンドルではなくタイヤが小刻みにブーンと振動し始め
とても走れる状態ではなくなったという夢を見た。※
ほんとは安全運転です。これは夢です。
だもんで速度記号82Tは信用なりまへん。日本じゃSでもあるだけ無駄だけど。
ちなみに82Sのエコピアは問題なかった。
※追記
指定より3ポイントほど高めにプレッシャーをセッティングすると改善された

そういうわけなので、
・取り付け時にタイヤバランスを比較的しっかり取ってくれる
かつ
・街乗りメイン
なら、ZETROも十分使えると思うのです。
この点はクムホなど他のアジアンタイヤも共通してるんじゃないかしら。

それ以上の性能を求めたところでなにも得られまへん。
実際売ってる側もその程度の認識でございまして。
文句つけるだけみじめってやつです。ケチったの他でもない自分ですから。


(2015/10/09 追記)
※2011年・2014年にそれぞれ前後2本ずつゼトロへ交換して使った感想

・耐久性
そう走ってなくても交換から1年くらいで走行性能より先に乗り味に変化。
ロードノイズは乗り始めてしばらくから徐々に増え始める印象。
2年経過以降は比較的やかましく、乗り心地もガチガチ。

3年ないくらいから硬化・ウエット性能の低下が特に気になり始めるので
交換目安に。
FF乗りで前後2本ずつ交換するなら2年でフロント新品入替ローテがベスト。
(2本ワンセットをフロントリアで2年ずつ、都合4年持たせる計算)
フロントで3年ひっぱると交換前には乗り味も悪くなるし、交換後
リアでもう3年持たせて都合6年履かせるというのも無理があるので
やはり前2年後2年が理想。

4WDでローテしながら乗るならガマンして3年。
おいしいところで切り上げるならやはり2年が頃合。
個人的には4WDにゃワンランク上のものを3年ないしプラスアルファ
履かせてやったほうが逆に高あたりにならないと思うのでおすすめしない。

ちなみに後述のエナセーブへ交換前、フロントで3年、リアで1年履かせた物を
再度フロントに復帰させてみたが特にウエット時の坂道発進・下り坂急カーブでの
ずるずる感は生命をのっけて走るには若干心もとないのでおすすめしない。
駆動輪に使用するのはやはり3年が限界、2年がおいしいとこと思う。
人にもよると思うけど。

4年経過時点での性能劣化具合に比べると見た目でのクラックは少なめ。
ホイール近くの内周部分にヒビが入ることはまだなかった。
乗り心地とかグリップとか安全とかは気にせず、車検通ればいいやという
人には長く使えていいかもしれない。自分はギブアップしたけど。


(2015/10/09 追記)
■ハンコック ZETRO C4 → ダンロップ ENASAVE EC202

DYデミオ 175/65R14
※前輪のみ交換、ZETROを後輪へローテーション

スタッドレスタイヤのCMが始まると時を同じくして始まるのが
九州・沖縄地区でのタイヤキャンペーン。
おそらく北の国から在庫がなだれ込んでくるのでしょうきっと。

ともあれ余ってて困ってますというものは買ってあげようかと思うのも人情。
そういうわけでおなじみ黄色い帽子のお店へ。

まず記載しておくべき事項は、ゼトロのバラ売りはなくなり
4本セットでしか売らなくなったとのこと。
これはゼトロだけでなくトーヨーのMOBISYS(モビシス)もその方針らしく
2本セットないしバラで買う場合はナショナルブランドから選ぶことに。
なのでローテーションのかわりにフレッシュタイヤを2本ずつ交換する
変則(変態?)的なFF乗りには残念な結果に。

(余談)

ていうか、そもそもFFにおいては極論すれば後輪にグリップは
要った話ではなく、空気で浮くなり氷履かすなり、松ヤニが延々
出続けるスポンジかなにかを履かせておくのが理想。
ただしこれはこれで安定性が考慮されてないが。

要するに後輪にフレッシュタイヤ履かせる理由なんてどこにもない。
タイヤを4本セットで交換する理由は、FFにおいてはほぼないし
2本ずつ交換するのが無駄がないとむーさんは考えるのだけど
企業はどうしても4本セットで売りたがるのよねえ。しかもなまじ安い。

(余談ここまで)

一方で価格表記に変更があり、タイヤの価格とバランス取り工賃を
わけて表記するようになっていた。
これにより、同じサイズのゼトロは店頭表示上4000円ちょいになっていた。
お店で交換してもらう分には実質なにも変わらないけど。

2014年6月(ゼトロC4)


2015年10月(エナセーブ)


まあそこはしょうがないとしてNBの中で一番安いものを選ぶことと
なった結果型落ちエナセーブEC202となった次第。
ちなみにチラシにあったECOFINEやPRACTIVAなる新顔は見渡した限りでは
存在さえなかった。おいおい。



以下レビュー。

・価格
工賃や割引コミコミで言うと175/65 R14の場合、税込
4本セットのゼトロ:1本5000円あまり
2本セットのエナセーブ:1本7000円あまり
で、1本あたりの価格差が2000円程度。
少しでも安く、4本セットで!ならやはりゼトロに軍配。
ちなみに国産のモビシス500eは1本あたりプラス税抜600円なので
個人的に2015年現在ベストバイなのはゼトロでなくモビシス。
でも2本じゃ売ってくれない。うーむ。

2015年10月チラシ


・ステアリングフィール、応答性
くたびれたZETROとさほど違いを感じられなかったが、新タイヤもあってまずまず。
この点で言えばゼトロは本当よくやってるとは思う。
ただエナセーブはドライコンディションでもグリップしてる感は乏しい。
省燃費タイヤってこんなものなのかな。

・ウェット性能
小雨の中、交差点で華麗にFFドリフトがキマる程度のグリップ力。
普通に大丈夫なんかなこれ。
走ってる最中から違和感はあったがまさかここまでとは。

同日細い路地を走行中、急にネコが飛び出してきたので徐行程度の
スピードから急ブレーキ踏んだ際には真っ直ぐのまますぐ止まりはした。
たぶん走る・止まるについては及第点としても、曲がるについては
かなりよろしくないと思う。個人的にはおすすめしない。
現行EC203で改善したならいいが、ウエットグリップ性能「C」のまま
なのでそう向上していないんじゃないかと疑っているけど。

・乗り心地
エコピアのようなフワフワ感はなく、かといってZETROのようにカッチリ
するような感じでもなく、ごくごく普通。
スタンダードタイヤはこのくらいが無難でちょうどいいという塩梅。
大差はないけどZETROより好み。グリップ以外は。
ワインディングを走ることが多いなら省燃費タイヤってあまりおすすめしない。

2011年5月29日日曜日

デミオ君、汎用ショートアンテナ交換

***2016/07/16追記 その1***

現時点で最もコスパいいのはこいつ。(300円程度で購入)
短さよりも価格優先なら迷わず一択。
ただし根本のかさになってる部分が少し深めなので
デミオのアンテナ部分(凹型ねじまわり)とやや干渉する。
なので装着前に本製品かさ部分のやわかいプラ部分を
ある程度(というかけっこう大胆に)カッターナイフで切ってやると吉。


ちなみに個人向けモノタロウ(ヤフーショッピングにも出店)では
メーカー純正のロッドアンテナが売られているので、安心買うならそっち買うのもテ。

定価も普通に社外品と同じかむしろ安いんで
いっそディーラーで取り寄せてもいいかも。

(2017/04/13さらに追記)

これダメっす。
何がダメかというと、ねじ部分が金メッキでないためサビて
固着してしまう点。
このアンテナと心中して機械洗車も一生しないという心意気なら
別だけど、そうでない普通の人ならおすすめしない。
アンテナは金(実際は何かは知らん)メッキがされてるほうが
いいとおもう。
ていうか、純正のショートアンテナが一番いいと思う。高くないし。

(2017/05/07 追記)

個人向けモノタロウでの取り扱いがなくなっていた。
現時点で純正をネット上で取り寄せる場合は下記ディーラーからのみ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロツド,アンテナ
価格:886円(税込、送料別) (2017/5/7時点)



もう少し安く済ませるならこっち。ただしメッキが少し心もとない。


***追記ここまで***



楽天やアマゾンで売ってるねじつきのカーアンテナ。



おんなじ商品なのにわざわざ車名の数だけ項目増やして商品一覧がいささか
見づらくなる事態を引き起こしているいかがわしいこの品。

どっこい送料コミで1000円少しのお買い得品。
これの使用感などなど比較レビュー。
結論から言えば買ってよかった一品。


■見栄え
ショートアンテナだけあって、ほんとに短い。
普通サイズのタバコとだいたい同じ長さ。
かなり目立たなくなるほど小さい。
モノ自体は芯が通っていて一応コイルぐるぐるの触感。
ヘリカルコイルというよりはローディングコイルに近い。


■取り付け方法
今ついてるアンテナを回して取り外し、そのままはめるだけ。
ほとんどの国産車は5mmねじなので、付属のねじをつけて回して入れればOK。
作業時間は1分未満。


■性能・感度
ずっと前に盗まれて以来、アンテナ無しのままだったので純正品との比較はできず。
でも普通に聴ける。

アンテナなしでもAMが聞ける ⇒ まったく心配無用に
☆トンネル内の再送信電波を受信できるようになった

アンテナなしでは郊外でFM聞けない ⇒ 普通に聞けるように
☆オートサーチでコミュニティFMがひっかかるようになった

ちなみにヴィヴィオはこれとまったく逆で、アンテナはAMのために
あるようなものだった。
とにかく、デミオについてはFM用という認識でいたほうがよい。

ただ限界なところも。
・FM ある程度のガサガサは覚悟が必要。
・AM 少し電波の弱いところでは歩道橋でさえ受信感度が弱まる原因に。
・AM&FM 郊外ではオートサーチで電波を拾えない

どうしてもショートながらある程度の音質も、という人はそれなりのものを
チョイスしたほうがいいと思う。

しかしこれはあまりに高いのでこのあたりが無難。
ちなみにこっちも買った。(現在はこっちがメイン)
比較してちょい長めというのもあるけど、それ以前にコイルの巻き数が
段違いに違うので、数百円節約したいなら↑77mm、少しだしてその分
安心したいなら↓100mmをチョイスするといいと思う。
個人的にはこっちがおすすめ。

***2016/07/16追記 その2***

ちょうど5年でプラ部が割れて中身がべろんちょしたので記録。
きちんとアンテナの長さ分コイルが入っており、けっこう密に
巻々されている。悪くない。


探すときは「ヘリカル」で検索するとちゃんとしたものが
買えるかも。

***追記ここまで***




■価格含めてまとめ
価格相応・必要十分の性能。
1000円台ならまた盗まれてもまあ、痛くない。
なくならないに越したことはないけれども。


■欲を言えば
本来ならば理論上
300 / 76 ~ 90(MHz) / 4(λ) = 83 ~ 98(cm) の長さのアンテナが必要。

どっこいいくらコイルぐるぐるしてるからといってそんだけの長さはタバコ大の
長さ程度のものにはない。(はず。もしかしたら伸ばすとすげー長いかもしれんが)
純正ショートアンテナがだいたい18cm程度のものが多いことから、やはり8~10cm
程度のものは少し心もとない。

受信環境の悪いところを走ることが多く、専らラジオを聴いてるという人はいっそ
やっぱりロングをチョイスしたほうがいいと思う。
車に乗ってる時間が短いという人はともかく、長距離通勤でラジオが数少ない
楽しみという人はそこんとこお金をかけてもいいんじゃないかしら。

上記のベリーショートアンテナとは信号強度データが段違いに違うだけに
やはりロングのヘリカルコイルはすばらしい。

2011年2月9日水曜日

オイル添加剤を買ってみました

***
2012/02/04 new review posted

モリブデン系エンジンオイル添加剤を入れました
http://mu-san.blogspot.com/2012/02/blog-post.html
***

■はじめに
汚れたオイルを使用し続けるなら話は別にして、
通常の使用方法ならエンジン内は十分キレイなはず。
汚れを防ぐのがオイルの役割なわけで。

親類のデミオはオイルキャップあけるとエンジン内が見えるのだけど、
4万km走ったエンジンはそりゃあキレイなもの。
「もう4万km」か「たった4万km」かはともかく、とにかくキレイだった。
そんなクルマにゃ添加剤なんて無駄。

このように新車で買い、オイルの汚れや量を月イチでチェックしながら
乗り続けているならあまり関係のない話であるも、

一方で、中古で車を手にするケースというのはままある。

こればかりは、前のオーナーがどんな乗り方をしていたかなんて
わからない。


じゃあ、フラッシングでもしようか


とまずは思う。
しかしこれには落とし穴がある。

オイル交換は、ある程度抜けない部分があるというとこがミソで、
フラッシングオイルという名の潤滑性能のない油と、せっかく
入れた新油とのブレンドになったものを一定期間使用し続ける
という点がまずい。

さらに言えば、積年つもりにつもった油汚れ(レンジフードや
コンロのしつこいガム質(ワニス)相当のものが
たった10分そこいらすすいだところで落ちるだろうか?

と、書いても仕方ないのでこれは実物を見たほうが早い。

コーティングプロショップ洗車革命入野店:お車の内部も綺麗に!!
http://akashiss099.hamazo.tv/e1869175.html

㈲金坂自動車整備工場-一般整備
http://kane-car.sakura.ne.jp/ippan.htm

フラッシングの有効性もさることながら、フラッシング油を
使い続けるという問題点を考慮すると、ベストは安物油を
フラッシングオイル代わりに使うということになる。

実際そうしてる人もいるけど若干コストがかかるし、なにより
こびりついたものについては通常のオイル交換程度じゃ
なかなかすぐには解決しない。

そこで、これに対するアンサーしてオイル添加剤という選択肢を考える。


■洗浄性能を謳うオイル添加剤
画像は楽天から拝借。



 モリドライブ オイルトリートメント
モリドライブ オイルトリートメント
価格:460円(税込、送料別)


□モリドライブ オイルトリートメント

洗浄剤のほか、粘度を増強する成分も配合。
低粘度オイル好きの自分にとっては個人的に
いただけないも、古いエンジンにはいいかも。

粘度の高いオイルは取り扱いが少ない&価格も高め
なので、安い10w-30オイルにこれを足すという使い方も
アリなんじゃないかしら。



【エンジンの耐摩耗性が向上し 寿命を延ばします!】STP(エスティーピー)OIL TREATMENT
STP OIL TREATMENT
価格:530円(税込、送料別)


□STP オイルトリートメント

これも粘度を向上させる働きがある。
通常お店でお目にかかるのは300ml入りの缶。



 モリドライブ ルブリ
モリドライブ ルブリ
価格:660円(税込、送料別)


□モリドライブ ルブリ

粘度を変えないことから、低粘度オイルにも対応。
モリだけあって、モリブデンを配合した製品。





□KURE オイルシステム 多走行車用 OVER 50000km

軽やコンパクトカーのようにオイル3Lなら2回使える
お得な製品。
効果が怪しい添加剤の中では珍しく評判よい部類。





走行しながら汚れを落とすKURE(クレ)オイルシステム【オイル添加剤】ディープクリア 2099【エ...
KURE オイルシステム ディープクリア
価格:1,180円(税込、送料別)


□KURE オイルシステム DEEP CLEAR

多走行車用に比べて洗浄性能を重点に置いた新製品。
これもオイル3Lなら2回使える。







□シュアラスター ループ ウルトラクリーニング

このテの製品では半ば定番。
しかしいかんせん高い。




■で、なにがいいのよ

自分が買ったのはKUREのディープクリア

・洗浄性能を前面に出していること
・増粘作用がない
・2回分使える
・おかげで1回あたりの価格が安い

これらが決め手。
さらに言えば、添加後のオイル交換についてLOOPのように

・3000~5000kmでのオイル交換
・同時にオイルフィルタ(エレメント)交換

が必須でなく、

"通常のサイクルでオイル交換"

とのことだったため、要らぬ気遣い一切不要という点がポイント高し。
これでもかというほどにダメ押しをすると

・使用量が僅少

これは大事。
オイル交換と同時に添加剤を投入するならいざ知らず、オイルを交換して
もらったお店と、添加剤を購入した店が異なるというのは往々にある話。

するってーと、オイル交換した直後というのはゲージFULLなわけですから

添加剤を足す余地がない

わけです。
そこへ数百ml足せというのは若干リスキー。
(ルブリなんか500mlもある)

しかしKURE製品は内容量180mlでコンパクトカーや軽なら
1回の使用量がその半分であるため0.1Lさえない。

これはアリ、というわけでもろもろひっくるめて高評価につながった。


■というわけで

早速入れてみた。


STPスーパーガストリートメントと違ってボトルが透明でないため、
使い捨てのコップにあらかじめ90mlラインを引いておいたものを使用。


↑一見、まるで汚れきった古オイル。
↓ちなみに添加前のオイル(交換から250kmほど走行)はこのとおり。


オイルキャップの内側。
おそらくエンジン内はこんな感じなのだろう。



《以下、追跡レビュー》
前述のとおり、オイル交換からしばらく経過しているので
新油の効果は織り込み済み。

添加からの走行距離
・0km
 投入後、2分ほどアイドリングしてから半日放置。
 当然ながら音やフィーリングに変化なし。

・120km
 30km走行したあたりから、アクセルがオイル交換後に増して
 軽くなった。
 オイルに汚れなどの変化はなし。

・250km
 通勤系路上の坂道を登る際、過給器が作動するまでに
 余裕が出てきた。
 オイルも若干汚れが出てきたけど、ごく普通の範囲内。

・STOP!
 オイルにトラブル発生。交換実施でKUREひとまず終了。
 ちなみにディープクリア添加前からおかしかったので
 このトラブルと添加剤に関係はないはず。

 というか、前述の効果がオイルのヘタリに起因する可能性もあるので
 まずは一旦白紙に。

2011年1月16日日曜日

軽いPDFビューア(リーダー)比較

一昔前はAdobeReader(Acrobat)一本だけだったPDF閲覧ソフトも
今じゃ多種多様。
その中から一番軽いもの(メモリ消費量の少ないもの)を探してみた。


【比較内容】
・日本語メニュー対応
・ポータブル版の有無
・起動後、落ち着いてきた時点でのメモリ使用量
・サムネイル表示時
・末頁までスクロールした時点でのメモリ使用量
 (サムネイルは非表示状態)

検証に使用したPDFファイルはIPAにある試験問題のもの。

情報処理推進機構:情報処理技術者試験:
問題冊子・配点割合・解答例・採点講評(2010、平成22年)
http://www.jitec.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2010h22.html#22haru
(ページ内 2010h22h_ap_pm_qs.pdf)


【比較表】
並び順はスクロール後のメモリ使用量の昇順。
      
名称 日本語 ポータブル 起動後 サムネイル スクロール
Foxit J-Reader
4.2
(Foxit Reader.exe)

(英語版)
25.8MB 35.4MB 27.6MB
STDU Viewer
1.5.597
(STDUViewerApp.exe)
× 34.8MB 32.0MB
(なぜか減る)
46.8MB
PDF-XChange Viewer
2.5(Build 191.0)
(PDFXCview.exe)
× 25.9MB (ほぼ変化なし) 101.9MB
Adobe Reader X
10.0.0
(AcroRd32.exe)
× 57.9MB 114.7MB 147.0MB
Sumatra PDF
1.2
(SumatraPDF.exe)
77.8MB (なし?) 169.4MB
brava! reader
3.3.0.1
(BravaReader.exe)
× 52.9MB 85.3MB 222.7MB
CubePDF Viewer
0.4.2β
(cubepdf-viewer.exe)
× 47.2MB 92.8MB 250.1MB


【何がいいのよ】
とにかく省メモリかつきびきび動いたのはFoxit Reader。
ただし、SmatraPDFもなかなかすごく、起動したのち一度最小化すると
メモリ消費量が1MB未満まで落ち込むようになっている。
個人的には万人にFoxit、チャレンジャーにSumatraがおすすめ。


【ポータブル版の使い道って?】
これもブラウザに同じく、社内PCにインストールできない等の理由で
重いAdobeReader以外の選択肢が無い、あるいは脆弱性を抱えた
バージョンなのに管理者が更新しないままで恐ろしいなどなどの理由と
需要からチョイスという考え方。


【余談】
以下のソフトは割愛

Perfect PDF 6 Reader
ダウンロード時に要登録

MuPDF
2010年夏が最終リリースのため

Free eXPert PDF Reader
正常動作しなかったため

2011年1月11日火曜日

軽いフリーのアンチウイルス比較 2011

2015年版はこちら。

軽いフリーのアンチウイルス比較 2015年春
http://mu-san.blogspot.com/2015/02/2015.html

***

【比較表】

今回はVirtualbox上で動かしているので、コミットチャージ量(IDLE時)が
多少異なる。
また、自動更新のサービスを切っている※ので総じて少なめ。

※起動時にwuauclt.exeが走ってしまいコミットチャージ量などが
正確に比較できなくなるのを防ぐため。

およそ6000ファイル(ほとんどがバイナリデータ、実行ファイルは数個程度)の
フォルダコピー&右クリックスキャンにかかった合計時間の順に記載。

比較的抜きん出てよい数字をマークしたものについて色づけ。

名称 日本語 コミット
チャージ
コピー スキャン
Avira AntiVir Personal
10.0.0.69
198MB 3:02 0:41 3:43
FortiClient Endpoint Security
4.2.0.250
152MB 3:23 0:47 4:10
avast! Free Antivirus
5.0.677
121MB 3:03 1:21 4:24
Kingsoft Antivirus
(InternetSecurity 2011)
181MB 3:23 1:20 4:43
AVG Anti-Virus FREE EDITION
10.0.1191
243MB 2:57 1:59 4:56
COMODO Antivirus
5.3.174622.1216
× 258MB 3:59 0:59 4:58
Panda Cloud Antivirus
1.3.0
164MB 3:17 1:47 5:04
Microsoft Security Essentials 252MB 6:02 1:04 7:06
PC Tools AntiVirus
Free 8.0.0.623
× 315MB 6:32 4:34 11:06


【で、どれがいいのよ】

・とにかく速い
AntiVir

・とにかく省メモリ
avast!
※追記)Ver5.1もほとんど変化なし

・ファイアウォールも欲しい
FortiClient


【余談】
正常に動作しなかったものなど。

(フリー製品)
・Ad-Aware Free Internet Security 9.0
インストール後起動スプラッシュ画面で停止。

・Rising Antivirus Free Edition 2011(23.00.17.69)
RISINGは仮想環境と相性が悪いのか、このバージョンでも不具合。
アップデータが停止してどうにもならない。


(参考:製品版)
・ESET NOD32 Antivirus 4.2.67.3
コミットチャージは165MB程度。
しかし512MBメモリ割り当て&ページングなしのこの環境で、
メモリ不足になってしまいフォルダコピーが完了できなかった。

2011年1月7日金曜日

ポータブルブラウザ比較2011

***
11/05/02 updated
FireFox、OperaへのFlash導入法を追記
***

インストール不要で持ち運びできるブラウザを比較してみる。

個人的には好きなの使えばってな考えだけど、特殊な目的から
敢えてこれを選択する場面を考慮。

ここで前提となる環境・用途は以下のとおり

・Users権限でガチガチの社内PC
・そういうわけで、ブラウザのインストール不可
・同様に、プラグイン式のFlash Playerもインスト不可
・USBなんて利用不可
・NASなどネットワークドライブを個人領域にしたフリーアドレス的な利用方法も考慮
・とにかくもう重いIEは使いたくない

比較表
名称 日本語 Flash再生 候補表示 NAS起動
FireFox 4.0.1 ○※
Google Chrome
11.0.696.60
○(内蔵)
Lunascape 6.4.0 ○(IE依存) × ×
Opera 11.10 ○※ ×
Portable Sleipnir
2.9.6
○(IE依存) ×

ここから入手。
05/02時点での最新版はこれ。
Flash 10.3.181.5 RC1 & 10.2.159.1 Plugins
http://portableappz.blogspot.com/2011/03/flash-1021531-10318042-plugins.html

【選ぶポイント】

●ActiveX問題
最近でこそ見なくなったけど、業務で使用する上でActiveXを使用した
社内サイトを用いることがある。
その場合はIEエンジンが利用可能なSleipnirかLunascapeを選ぶしかない。
というか、そっちはIEに任せて、使い分けたほうがいいような気もする。

●ネットワークドライブからの起動
決まったデスクがないなどの理由でお気に入り情報などが引き継げない場合
ブラウザをどこからでもアクセスできる場所においておくしかない。
これが不可能なのはOperaとLunascape。

●Flashの再生
今日び必須の機能。

●検索窓のサジェスト機能
どのブラウザにもたいてい右上に検索窓がある。
これに「商工」と入れた時点で

 商工会議所 商工中金 商工リサーチ

と候補を出してくれる、時間短縮になる便利な機能。
また、「商工忠勤」などと誤変換した場合も直してくれる。

さらに、「商工中金」を選択すると

 「商工中金 金利」 「商工中金 支店」 ・・・

などなどの複数語候補も出してくれる至れり尽くせりさ。 

一度これに慣れちゃうと無いと寂しいもの。
残念ながらプニルもLunaもこれには対応していない。

一番候補数が多く便利なのはFireFox。
ChromeとOperaがおまけ程度の出来。


【で、何を選べばいいのよ】

FireFoxがおすすめ。


IEやめたいなというコンセプトから、あえてIEエンジンを選択するのも
なんなのでSleipnirもLunascapeもこれといって選択する理由が無い。

(ここでプニル脱落)

LunascapeはGecko・WebKitエンジンも選べるも、Gecko選ぶならFireFoxが
使い勝手がよい(サジェスト機能)し、WebKitにはプロキシ設定スクリプト
(自動構成スクリプト)の設定項目が見当たらなかったので人によっては
あるだけ無駄なエンジン。

(ここでLuna脱落)

FireFoxに比べるとOperaが軽快に動作する感はあるも、サジェスト機能が
イマイチちゃんと働いてない(中国語が検索候補に挙がる)など
ユーザビリティが今ひとつなのと、避けて通れない表示互換性による
描画ズレがネック。

(ここでOpera脱落)

あとはサジェスト機能と表示互換性、メジャー化したプラグインの
豊富さなどで選択、というわけで前述のとおり。


【addition: Google Chromeについて】
1.実はポータブルでない、本家Chromeのインストールには管理者権限が
 必要でない。(ユーザーディレクトリ内にインストールされる)

2.弱点を狙われるFlashの脆弱性もアップデートごとに最新版に差替られる。

3.Firefox同様、IE Tabを使えば、IEエンジンで表示可能。
 ただし、個人的にはIEそのものよりつっかかって動作する感じがするので、
 あくまで例外的な使い方で。