2011年1月16日日曜日

軽いPDFビューア(リーダー)比較

一昔前はAdobeReader(Acrobat)一本だけだったPDF閲覧ソフトも
今じゃ多種多様。
その中から一番軽いもの(メモリ消費量の少ないもの)を探してみた。


【比較内容】
・日本語メニュー対応
・ポータブル版の有無
・起動後、落ち着いてきた時点でのメモリ使用量
・サムネイル表示時
・末頁までスクロールした時点でのメモリ使用量
 (サムネイルは非表示状態)

検証に使用したPDFファイルはIPAにある試験問題のもの。

情報処理推進機構:情報処理技術者試験:
問題冊子・配点割合・解答例・採点講評(2010、平成22年)
http://www.jitec.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2010h22.html#22haru
(ページ内 2010h22h_ap_pm_qs.pdf)


【比較表】
並び順はスクロール後のメモリ使用量の昇順。
      
名称 日本語 ポータブル 起動後 サムネイル スクロール
Foxit J-Reader
4.2
(Foxit Reader.exe)

(英語版)
25.8MB 35.4MB 27.6MB
STDU Viewer
1.5.597
(STDUViewerApp.exe)
× 34.8MB 32.0MB
(なぜか減る)
46.8MB
PDF-XChange Viewer
2.5(Build 191.0)
(PDFXCview.exe)
× 25.9MB (ほぼ変化なし) 101.9MB
Adobe Reader X
10.0.0
(AcroRd32.exe)
× 57.9MB 114.7MB 147.0MB
Sumatra PDF
1.2
(SumatraPDF.exe)
77.8MB (なし?) 169.4MB
brava! reader
3.3.0.1
(BravaReader.exe)
× 52.9MB 85.3MB 222.7MB
CubePDF Viewer
0.4.2β
(cubepdf-viewer.exe)
× 47.2MB 92.8MB 250.1MB


【何がいいのよ】
とにかく省メモリかつきびきび動いたのはFoxit Reader。
ただし、SmatraPDFもなかなかすごく、起動したのち一度最小化すると
メモリ消費量が1MB未満まで落ち込むようになっている。
個人的には万人にFoxit、チャレンジャーにSumatraがおすすめ。


【ポータブル版の使い道って?】
これもブラウザに同じく、社内PCにインストールできない等の理由で
重いAdobeReader以外の選択肢が無い、あるいは脆弱性を抱えた
バージョンなのに管理者が更新しないままで恐ろしいなどなどの理由と
需要からチョイスという考え方。


【余談】
以下のソフトは割愛

Perfect PDF 6 Reader
ダウンロード時に要登録

MuPDF
2010年夏が最終リリースのため

Free eXPert PDF Reader
正常動作しなかったため

2011年1月11日火曜日

軽いフリーのアンチウイルス比較 2011

2015年版はこちら。

軽いフリーのアンチウイルス比較 2015年春
http://mu-san.blogspot.com/2015/02/2015.html

***

【比較表】

今回はVirtualbox上で動かしているので、コミットチャージ量(IDLE時)が
多少異なる。
また、自動更新のサービスを切っている※ので総じて少なめ。

※起動時にwuauclt.exeが走ってしまいコミットチャージ量などが
正確に比較できなくなるのを防ぐため。

およそ6000ファイル(ほとんどがバイナリデータ、実行ファイルは数個程度)の
フォルダコピー&右クリックスキャンにかかった合計時間の順に記載。

比較的抜きん出てよい数字をマークしたものについて色づけ。

名称 日本語 コミット
チャージ
コピー スキャン
Avira AntiVir Personal
10.0.0.69
198MB 3:02 0:41 3:43
FortiClient Endpoint Security
4.2.0.250
152MB 3:23 0:47 4:10
avast! Free Antivirus
5.0.677
121MB 3:03 1:21 4:24
Kingsoft Antivirus
(InternetSecurity 2011)
181MB 3:23 1:20 4:43
AVG Anti-Virus FREE EDITION
10.0.1191
243MB 2:57 1:59 4:56
COMODO Antivirus
5.3.174622.1216
× 258MB 3:59 0:59 4:58
Panda Cloud Antivirus
1.3.0
164MB 3:17 1:47 5:04
Microsoft Security Essentials 252MB 6:02 1:04 7:06
PC Tools AntiVirus
Free 8.0.0.623
× 315MB 6:32 4:34 11:06


【で、どれがいいのよ】

・とにかく速い
AntiVir

・とにかく省メモリ
avast!
※追記)Ver5.1もほとんど変化なし

・ファイアウォールも欲しい
FortiClient


【余談】
正常に動作しなかったものなど。

(フリー製品)
・Ad-Aware Free Internet Security 9.0
インストール後起動スプラッシュ画面で停止。

・Rising Antivirus Free Edition 2011(23.00.17.69)
RISINGは仮想環境と相性が悪いのか、このバージョンでも不具合。
アップデータが停止してどうにもならない。


(参考:製品版)
・ESET NOD32 Antivirus 4.2.67.3
コミットチャージは165MB程度。
しかし512MBメモリ割り当て&ページングなしのこの環境で、
メモリ不足になってしまいフォルダコピーが完了できなかった。

2011年1月7日金曜日

ポータブルブラウザ比較2011

***
11/05/02 updated
FireFox、OperaへのFlash導入法を追記
***

インストール不要で持ち運びできるブラウザを比較してみる。

個人的には好きなの使えばってな考えだけど、特殊な目的から
敢えてこれを選択する場面を考慮。

ここで前提となる環境・用途は以下のとおり

・Users権限でガチガチの社内PC
・そういうわけで、ブラウザのインストール不可
・同様に、プラグイン式のFlash Playerもインスト不可
・USBなんて利用不可
・NASなどネットワークドライブを個人領域にしたフリーアドレス的な利用方法も考慮
・とにかくもう重いIEは使いたくない

比較表
名称 日本語 Flash再生 候補表示 NAS起動
FireFox 4.0.1 ○※
Google Chrome
11.0.696.60
○(内蔵)
Lunascape 6.4.0 ○(IE依存) × ×
Opera 11.10 ○※ ×
Portable Sleipnir
2.9.6
○(IE依存) ×

ここから入手。
05/02時点での最新版はこれ。
Flash 10.3.181.5 RC1 & 10.2.159.1 Plugins
http://portableappz.blogspot.com/2011/03/flash-1021531-10318042-plugins.html

【選ぶポイント】

●ActiveX問題
最近でこそ見なくなったけど、業務で使用する上でActiveXを使用した
社内サイトを用いることがある。
その場合はIEエンジンが利用可能なSleipnirかLunascapeを選ぶしかない。
というか、そっちはIEに任せて、使い分けたほうがいいような気もする。

●ネットワークドライブからの起動
決まったデスクがないなどの理由でお気に入り情報などが引き継げない場合
ブラウザをどこからでもアクセスできる場所においておくしかない。
これが不可能なのはOperaとLunascape。

●Flashの再生
今日び必須の機能。

●検索窓のサジェスト機能
どのブラウザにもたいてい右上に検索窓がある。
これに「商工」と入れた時点で

 商工会議所 商工中金 商工リサーチ

と候補を出してくれる、時間短縮になる便利な機能。
また、「商工忠勤」などと誤変換した場合も直してくれる。

さらに、「商工中金」を選択すると

 「商工中金 金利」 「商工中金 支店」 ・・・

などなどの複数語候補も出してくれる至れり尽くせりさ。 

一度これに慣れちゃうと無いと寂しいもの。
残念ながらプニルもLunaもこれには対応していない。

一番候補数が多く便利なのはFireFox。
ChromeとOperaがおまけ程度の出来。


【で、何を選べばいいのよ】

FireFoxがおすすめ。


IEやめたいなというコンセプトから、あえてIEエンジンを選択するのも
なんなのでSleipnirもLunascapeもこれといって選択する理由が無い。

(ここでプニル脱落)

LunascapeはGecko・WebKitエンジンも選べるも、Gecko選ぶならFireFoxが
使い勝手がよい(サジェスト機能)し、WebKitにはプロキシ設定スクリプト
(自動構成スクリプト)の設定項目が見当たらなかったので人によっては
あるだけ無駄なエンジン。

(ここでLuna脱落)

FireFoxに比べるとOperaが軽快に動作する感はあるも、サジェスト機能が
イマイチちゃんと働いてない(中国語が検索候補に挙がる)など
ユーザビリティが今ひとつなのと、避けて通れない表示互換性による
描画ズレがネック。

(ここでOpera脱落)

あとはサジェスト機能と表示互換性、メジャー化したプラグインの
豊富さなどで選択、というわけで前述のとおり。


【addition: Google Chromeについて】
1.実はポータブルでない、本家Chromeのインストールには管理者権限が
 必要でない。(ユーザーディレクトリ内にインストールされる)

2.弱点を狙われるFlashの脆弱性もアップデートごとに最新版に差替られる。

3.Firefox同様、IE Tabを使えば、IEエンジンで表示可能。
 ただし、個人的にはIEそのものよりつっかかって動作する感じがするので、
 あくまで例外的な使い方で。