2012年4月30日月曜日

フリーの動画変換ソフト比較 2012

***

Freemake Video Converter高速・高画質化設定ファイルは別館で配布中

Freemake Video Converterを高速・高画質化する
http://amazemp4.blogspot.com/2015/08/freemake-video-converter.html

***


副題:GOMエンコーダをおすすめしないこれだけの理由

※MediaEspressoとの比較のため、GOMとFreemakeについてはWMVに変換。
(予めカットしておいた同一のソースを各ソフトでエンコ。HD画質)
横にパンする映像でカクつきを比較すればいいさぁ。

ちなみにMediaCoderとかSuper(C)はめんどくさいというか
明らかにユーザーを意識したUIではないので選択肢から除外。


GOM ENCODER
※無料版は出力時間10分の制限&ロゴ挿入あり

【変換オプション】
その他オプションはデインターレースのみ。
ノーマライズや字幕などは一切なし。

【エンコード時間】
22sec

【デインターレース品質・画質】
まず二重化。
そして右上のすかしロゴの形したゴースト様のブロックノイズが目立つ。

ちなみにデフォルトでエンコードすると30.00fpsで出力された。
29.97fps指定すると今度は29.00fpsで出力され、カクカクの動画になった。
意味がわからない。
MP4でも変換してみたけど、やはりフレームレートがおかしくコマ飛びが発生する。※
※デフォでも29.97指定でも29.99fpsになり、何度エンコしても同じ場所でコマが飛ぶ

デフォルト→30fps


29.97fps指定→29fps


【その他】
3000だって指定してるのに3072kbpsとかいうわけのわからないことをしてくれる。
1024かけにゃいかんのかいな。もうなにも信じられない。



Freemake Video Converter
【変換オプション】

【エンコード時間】
27sec

【デインターレース品質・画質】
画面右上部※のノイズも少なく良好。
※エンコでできる、流れる文字によるゴミが目立って見えるポイント




■(参考)Media Espresso 6.5
【変換オプション】

【エンコード時間】
25sec(高速変換プロファイル)

【デインターレース品質・画質】
画面右上部に多少ノイズ。
試しに高画質プロファイルでもやってみたけど変わらず。



【その他】
カットツールがない(?)ので、ほかの無劣化編集ツールで予めカットする必要がある。


Any Video Converter
【変換オプション】


CUDAの有効/無効が選択できるので両方試す。

【エンコード時間】

18sec(CUDA有効)
30sec(CUDA無効)

【デインターレース品質・画質】
二重化はしていないも、どうも苦手の様子。
食べ残しのノイズがちらほら。
また、爆速CUDA有効時の画質はシーンチェンジごとに崩れてしまい、2パスエンコに
かかわらずファイルサイズもオーバーしている。ほんとに速さだけ。

CUDA有効


CUDA無効


(後者のフレームをBMP保存し、Lanczos拡大処理したもの)


Format Factory
【変換オプション】

インタレ解除設定が見切れてしまうので畳んだけど、オーディオはAAC48kHz・128bbps。

【エンコード時間】

25sec

【デインターレース品質・画質】
二重化。

そして15秒の動画なのに無音声で2回くりかえしのものが出来上がる。
ちょっといただけない。



Need4 Video Converter
【変換オプション】

2パスエンコ設定がない。
また、Optionsでビットレートを指定しても反映されない。
というか、クオリティさえなにも反映されない。意味がわからない。

【エンコード時間】

49sec。2パスでもないのに遅すぎ。

【デインターレース品質・画質】
ビットレートさえきちんと指定できないんじゃ、画質比較なんてフェアじゃない。
ちなみにほぼ5000kbps固定。


■まとめ
画質もさることながら、カットツールが軽快に動作するFreemakeはすばらしい。
GOMより格段にサクサク。
また、2パスエンコードも備えているので画質・サイズ重視にももってこい。
欲を言えば品質ベースのワンパスがあればなおよしだった。
(GOMにはMP4エンコードモードにある)
もひとつおまけに実際にエンコにかかった時間からして効果があるのかはともかく、
CUDA・DXVAを利用したアクセラレーションが利用可能とある。

一方でアラの目立つGOMに辟易。
細かいことは気にせずとにかく速度優先でエンコしたい人向け。個人的にはニーズに合致しない。
ちなみに「ビデオ品質」のスライダーはあまり速度に影響しないも、
「性能優先」「品質優先」オプションはがっつりエンコ速度に影響する。

有償のMediaEspressoはエンコだけ見れば特筆するとこはない。
ただ、PowerDirector・PowerDVD譲りの補正・アプコン機能はよさげなので
それにお金を出すという発想はアリっちゃアリ。
同様の機能を持つvReveal(プレミアム)は異常に高く、空前の円高であっても買う気が
起きなかったけど、こっちなら買ってもいいかなとは思う。

もちろん、エンコだけでいいやという人はFreemake一択でいいと思うけど。

ただ、カットツールを備えていないので面倒くさいっちゃあ面倒くさい。
というかカット編集できる時点でPowerDirectorの機能制限版(+QSV対応)程度の
ものになってしまうので、Core i世代でないCPUを使うのであればいっそ
PowerDirector買ってしまうほうが幸せになれるかもしれない。