2013年6月20日木曜日

Androidバージョンごとの比較(2.1~5.1)

Andoroidの各バージョンの違いを速度面を中心に比較。

■Android2.1(Eclair)と2.2(Froyo)

JITコンパイラの実装が大きく寄与し、実行速度が大幅向上。
ベンチマークベースでCPUスコアが少なくとも2~3割はアップ。
JavaScriptの取り扱いの向上も含めるとブラウジング性能は大幅に開きが。
Androidは2.2ではじめてまともに動くようになったといってもいい。



ITpro - やっぱりAndroid 2.2は速かった
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20100709/350107/

こばかつのチラシ裏 - IS04(REGZA Phone)2.2.2(Froyo)レポート
http://k0bakatsu.blog106.fc2.com/blog-entry-76.html


■Android2.2(Froyo)と2.3(Gingerbread)

目に見えるところではテキスト選択しやすくなったととか、複数カメラへの対応等、
ユーザビリティの改善が主だけど、一方でビデオドライバや描画の最適化が
進んだことから表示性能が地味に向上している。

また、IOまわりやガベージコレクションの機能向上もあって安定性が増した。
あと、ブラウジングではgzip圧縮がデフォに。





GALAXY Tab SC-01Cのソフトウェアアップデート 2.2→2.3.3
http://darkroid.net/archives/984

NiiのBlog
GALAXY S Android 2.3.3アップデート後のベンチマークチェック
http://nii.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/06/galaxy_s_andr-1.html

ところで。
Chromeと同じエンジンを積んだ新しいOperaやNHKオンデマンドアプリ、
DTIの050通話アプリなど最近登場したメジャーどころのアプリが徐々に
Android2.3からのサポートとなっている。
スマホもタブも新しく買うならここが最低ライン。
特段これを買う理由はないけど、これより前のものを買わない理由はある。


■Android2.3(Gingerbread)と4.0(ICS)

あいだに3.x(Honeycomb)が入るが、そっちはスマホでは採用されず
タブレット向けの開発が主。
最終的に4.0で合流して、これひとつでスマホ・タブレット両方へ対応。

2.xとの大きな違いは描画関連でのパフォーマンス向上と、ブラウジング性能の
大幅な向上が目につく。
一方ベンチマークではこのあたりからマシンパワーに対するOSの影響度合いが
相対的に小さくなった結果あまり差がなくなってきている。

ただし注意点がひとつあって、デバイスへの対応や新機能などなどにより
メモリ使用量(消費量)も増えたせいでメモリ(RAM)が512MB程度だとリソースが
不足してしまい体感速度向上の恩恵を受けづらい場合も。
4.0以降の場合はメモリ1Gモデルを購入するか、あるいは手持ちの端末を
アップグレードしたならroot取ってがっつり常駐アプリを減らすといいかも。

※注
ただしビデオメモリがメインメモリから使いまわされるため、たいていの
中華タブではメインメモリが400MBそこそこになってしまうので、やっぱり
メモリ1Gないと通常使用はつらい。

Quadrant(Galaxy S)

※ベンチマークは9:50から
右がGB、左がICS。ベンチマークから左端に登場するのはS2

Antutu(Galaxy S II)


Android Authority
Android 2.3 Gingerbread vs. Android 4.0 Ice Cream Sandwich
http://www.androidauthority.com/android-2-3-gingerbread-vs-android-4-0-ice-cream-sandwich-37742/

日経トレンディネット
第5回:Android 2.3の“お手本モデル”Nexus SでAndroid 4.0を動かしてみた
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120227/1039836/

~ここでA10とA13チップの違いをおさらい~
数字だけ見るとAllwinner A13のほうが性能が高いのかと思いきや、
実際はA13のほうがA10の廉価版チップ。
楽天やディスカウントストアでよく見る中華タブの大方はこれ。



■Android4.0(ICS)と4.1(Jelly Bean)

ハードウェアまわりの改良は描画関連が目玉。
特にタッチへの追従など、「iPhoneヌルヌル、Androidはなんかヘン」という
ずっとつきまとってきた使用感の違いへ取り組んだ結果がここで出た。
大して違いを感じることもないけど、無いに越したことは無い。
価格差もないので、4.0より4.1を選んでおくと気持ち幸せになれるかも。





AndRock - Android 新OS発表!Android 4.1 Jelly Bean はここが違う!
http://androck.jp/news/topics/android-newos-android-4-1-jelly-bean-kokogachigau/


■Android4.1(Jelly Bean)と4.2(Jelly Bean)

コードネームが変わらないことからも、ユーザビリティ向上が主で
システムの大幅な設計変更はない。
よってベンチマークの値もちょっと上がる程度。
スマホではシングルユーザーで使うのが主だけど、タブレットを意識して
マルチユーザーモードをこのバージョンから導入。




■4.2(Jelly Bean)とAndroid4.3(Jelly Bean)

これもまたコードネーム変わらず。
前回導入されたマルチユーザーモードでは追加ユーザーもフルコントロール
でしか使えなかったのが、今回Usersのような制限ユーザーの作成が可能に。
それ以外ではフツーのユーザーにとって目新しい機能はほとんどなく、
描画周りの微妙な最適化くらいしかない。
なのでベンチマーク値も差がほとんどない。




■Android4.3(Jelly Bean)とAndroid4.4(KitKat)

久々のメジャーアップデート。(といってもバージョン表記は4.x)
メモリまわりの見直しをおこない、このところひどくメモリ食いに
なってしまったOSをスリム化。
その自信は「メモリ512MBでもサクサク動きます」というフレコミに現れている。
KitKat発表の少し前に発表された、FlexyCore買収のニュースからも、
一時期のWindowsよろしくOSがどんどん「重く」なっていく状況をここらで
どうにかしようと考えているのかもしれない。

また、まだ実験的ではあるも実行環境にメスを入れて動作速度の
向上を図った。
従来のアプリ実行環境ではアプリを都度起動するごとに毎回毎回
コンパイラが起動して実行していた。
いわゆる「中間コード」という、完全なインタプリタではないけれど
完全なネイティブコードでも無いものをもとに、イベントがあると
それに応じて動作するしくみ。
これではどうしてもラグが発生するため効率が悪い。
じゃああらかじめネイティブに動くバイナリをこさえておきましょう
という発想。
なのでこれを使用すると作成したバイナリ分の容量が増えるが
恩恵に比べたら十分許せる。

~よくわからない人のための解説ここから~

インタプリタ方式:
→泥棒がきてはじめてわらを刈り取りにいく

中間コード方式:
→泥棒がきたら縄を編み始める

ネイティブ方式:
→泥棒が来る前から縄を用意しておく

~解説ここまで~

appllio
Nexus 5(Android 4.4 KitKat)ではベンチマークスコアを50%アップ可能、
ランタイム「ART」の実力 CPUスコアは2倍
http://appllio.com/20131111-4453-android-4-4-kitkat-run-time-art-test

Android 4.4 ART runtime test could mean faster apps, less device drain
http://www.techradar.com/news/mobile-phones/phone-and-communications/operating-systems/software/tablets/mobile-computing/new-android-4-4-runtime-aims-for-faster-apps-less-device-drain-1197992



ベンチマークスコアは1.4倍に


ただ初物はたいてい安定しないもんですから、まずはこのARTってやつは
まだ無いものとしておくとしても、おもちゃ程度に遊ぶのであれば
ICSとJBに比べるとだいぶ軽いKitKatはとてもおもしろそう。

一方でじゃあそのARTはいったん見送るとして、通常のベンチマークは
どうなってるのよというと結果はどうも芳しくない。
現時点ではART専用か。



■Android4.4(KitKat)とAndroid5.0(Lollipop)

KKで実験的に実装したARTが標準に。
また、このバージョンで64bitネイティブ動作も可能に。

このバージョンではOSからカメラをより細かくコントロールできる
ようになっており、ハードウェアとアプリの対応によると思うけど
ISOやシャッタースピードなどを変更できるように。
がっつりは無理でも軽いマニュアル撮影くらいは可能になるはず。

あるいはこの変更はスマホやタブではなくカメラの側に
擦り寄った結果で、よりネイティブに動作するAndroid搭載カメラの
普及を狙っているのかもしれない。

これによりひょっとするとソフトウェアで画像処理する
オープンソースの画像補正エンジンが開発されたりして
ジェネリック家電のようなカメラ、ないし自作PCのように
好きなレンズやセンサを組み合わせたカメラが登場する
きっかけになっちゃったりしなかったりして。


■Android5.0(Lollipop)とAndroid5.1(Lollipop)

なんてことないマイナーアップデート版。
ベンチマーク結果もほぼ変わらず。
これといった超目玉な新機能もない。