2013年6月11日火曜日

GF12(IMPRESSION 7)やったことまとめ

【追記:まだ購入していない方へ】
GF12は2013年8月時点で圧倒的にコスパが低下しています。
悪いことは言わないので、下記商品の購入をおすすめします。

・スペック上GF12の1.5倍以上速く動作するもの(CortexA8ベース)

・スペック上GF12の約2倍速く動作するもの(CortexA9ベース)


*****

■いっしょに買ったもの(もはや必須)
ペンサイズのゲーム用タッチペン。作業効率が断違い。
「あわせて買いたい」に入っていないのが不思議なほど。
いっしょに注文するのを忘れてしまいあわてて注文した。
おかげでGF12が届いたその日の午後、すこし遅れてこのペンが
届くまでまともに操作できなかった。

なければDS用のちっちゃいペンでもじゅうぶんOK。
長時間の作業でなく読書にはいいサイズかも。




■本端末の利用目的

読書&音楽鑑賞

要するに、青空文庫が読めればいい。文字が読めればいい。
30万ピクセルそこそこしかないのでコミックは要忍耐
カラー&バックライト&音楽再生対応なのに4000円チョイを実現した
Kobo gloが目指すところ。だもんで

・メール送受信
・FacebookやTwitter

は一切不要。ネットはたまに見れればいい。
また、残念ながらNHKオンデマンドはアプリが対応していないので動作不可。
ブラウザ経由でのフラッシュ閲覧も不可(後述)

もっと言えばタブレットのCPUで動画変換なんてもってのほか。
現時点でまともに動くのはTegra3くらいしかないのでは。
CPUの性能については後述。


■やったこと

アウトライン:
低スペックのため、セキュリティ対策ソフトウェアの導入を諦める。
また、勝手に上がる常駐アプリをほぼゼロにしてメモリ消費量を極力抑える。
かわりにアップデートのないもの、古いソフトウェアなどなどを極力排除し
GooglePlay経由で最新のものが反映されるソフトウェアを導入する
→要するに空きメモリ至上主義&プリインストールアプリ徹底排除


0.初期設定
・無線セットアップ
・自動同期をOFF
・バックライトの輝度は屋内では最低で十分。屋外では使用しない。
・ホームアプリの表示効果を2Dに


1.google playストア導入(root不要)
※現時点で最新の4.1.6を直で入れると正しく動作しない。※
古いバージョン3.5.xないし3.8.xあたりを入れていったん起動
→自動更新するように設定すると次回起動時に最新版に更新

どのバージョンでもなるっぽい?
インストール後に再起動するとOK

入手先
http://www.androidpolice.com/tags/series_google_play_store_download/page/2/

※おすすめランキング的なやつが通常トップ50程度まで
表示されるのが、10数個しか表示されなかったりいろいろ
表示に抜けが出る現象がおきた


2.勝手に起動するアプリや古いアプリを削除する(root不要)
・KingsoftOffice:タブレットでエクセルみない。一生。
・google日本語入力beta:古い
※apkフォルダ内にインストーラあり。
不要ならAPKフォルダごと消してもOK


3.google日本語入力の最新版をGP経由でインストール
お好みでsimeji、openwnnなど。使ってないから使用感は不明。

ただ、simejiは日に日に無駄な機能が追加されつつあり、
逆にopenwnnやopenwnnplusは更新がぱったりない。
いろいろバランス的にgoogleかなと思っただけ。

つか、フリック入力いらんていうか感圧式ではまず無理だから
(ハードウェアがインプットの速さに追いつかない以上、すばやく
入力できようがなにしようが意味が無い)とにかくqwerty入力で
一番軽いのだけあればそれでいい。
openwnnのフリック対応版があればなおよしなのだが。
nicoWnnGも試してみるといいかも。
→nicownngは重かった。google日本語入力(ポップアップなし)が
サクサク動作したのは確認。

4.root化
説明はこちらさまのブログに記載。

中華Padに熱中・夢中で五里霧中 (中p中)
http://blog.livedoor.jp/wingkei2002/archives/28244357.html

※記事中で使用しているのは UniversalAndroot_1.6.1.apk のもの。
1.6.2-beta5はうまく動作しなかった。(一時root化は可能)


5.Titaium Backup導入


6.勝手に起動する&不要なプリインストールアプリの削除(要root)
・MoviePlayer1.0
・MusicPlayer1.0
得体の知れない自前アプリなんてアップデートもないのでポイ。
両者ほっとくと勝手に起動する。それぞれ約10MBメモリ消費。
→代替インストール:MX動画プレーヤー、MediaPlusミュージックプレイヤー

・ギャラリー
あまり評判のよくない標準ビューア。
ほっとくと自動起動、そのくせもっさり。
→代替インストール:quickpic(早い!)

・時計(削除)
時計といっても、その実はただの目覚ましアラームアプリ。
ほっとくと自動起動。
スケジュールのためならその用途のアプリを入れたほうがいい。

・天気予報ウィジェット(削除)
不要。同様のカレンダーは消すとホーム画面が寂しいので残し。
天気へすばやくアクセスするならかわりにYahooあたりのアプリを
入れてもいいかも。

・メール(削除)
ほっとくと自動起動。
スマホやタブで文章打ちたくないってば。

・Kobo(海外版 2.8?だったはず。削除)
古いバージョンがシステムとしてインストールされており、
そのままでは更新版がインストールできないため、使用する人は
あらかじめ古いほうを削除。使わない人にはまったく不要。

代替品候補1:googleのリーダー
文字サイズを変更するという発想がなく、拡大&縮小するだけなので、
マンガでなく文章を読むひとのことが考慮されていない。
特に必要最低限の画質しかないこの液晶では致命的。

代替品候補2:楽天Kobo
最新版は4.1のはずなのに、Androidのバージョンが古いせいか
3.3(英語版)がインストール。Epubは読めるが青空文庫を検索できない。
このバージョンは勝手に起動。

代替品候補3:青空文庫ビューア Ad
完璧。
ディスプレイの出来は悪かないが、いまどきの物としては解像度が
いまひとつアレなので文字サイズを大きくすることと、ページ背景を
うすーくピンク寄りにしてあげると読むときの負担が減って吉。

代替品候補4:Kindle
一応無料書籍もある。しかし文字入力して検索しなきゃいけない。
その上無料書籍もそうでないものもいっしょくたなので
やはり青空文庫ビューアに分がある。
→代替インストール:青空文庫ビューアAd

・Adobe Flash(削除)
1.古すぎてセキュリティの穴になりうる
2.そもそもこの端末のスペックでは荷が重い
→代替インストールなし。Youtubeを見るならPVSTAR+。
ネットへの入り口をなるべくブラウザやFlashに依存しないのがミソ。

※一度アンインストールするとAdobe社からダウンロードしたapk
(同じ10.1であっても)がインストールできない。
Flashがないと生きていけないという人はバックアップ推奨。

→インストールできない理由はGF12のCPU世代が古いため。
これに対応させたものについてはこちらさまのブログで解説。

W-ZERO3 KUSTOM: Adobe Flash Player 10.3 on ARMv6
http://w-zero3kustom.blogspot.com/2012/01/adobe-flash-player-103-on-armv6.html

そもそもオフィシャルにARMv6向けFlashが公開されて無い以上、
元から入っていたものもどっかから拾ったもののような。
また、お世辞にも安定して動作するとは言えず、10.2、10.3、
11.0、11.1各世代のものをインストールしてみたがすべて
ブラウザ(Dolphin&ヤフー)が強制終了した。
脱出ゲーム程度のシンプルなものでも無理。
Flash対応ブラウザを使っていたりするとFlashが埋め込まれた
ページを開くとクラッシュするのでむしろ邪魔でしかない。

***CPU世代について***
GF12に搭載されているCPUのコア部分はARMv6世代のARM11。
世代間の違いはここに。

ARMアーキテクチャー/プロセッサーのロードマップ概要
http://ascii.jp/elem/000/000/577/577936/img.html

技術的にもう10年前水準のもの。
図を見ると安い中華Padに見られるA13(ARMv7世代のA8コア)はARM11から見て
ちょうどひとつ上の世代にあたる。
このことから、特にマルチメディアまわりの処理をやらせるのは比較的
不得手であることがわかる。
また、新しい命令セットを持ち合わせていない以上、それをアテにした
プログラムも書けない為これに対応したFlashはオフィシャルで存在しない。

現実問題、具体的にどんくらいダメなのかというと

A8 Versus A8 Versus ARM11
http://www.mp4nation.net/blog/2010/11/a8-versus-a8-versus-arm11/

とまあ、純粋なCPU部分の計算能力がA8の半分、ないしそれ以下。
そもそもFlashやらゲームやら楽しむのには向いてない。
Flashがほしいなら、最低限A8ベースのA13搭載のものを買わないと無理。
あと最新を追うならICS以上。

まさか買ったあとから遅いとか使えないとかレビュー書く奴いないよな?
***

・Pico TTS(削除)
使いもしないのに自動起動。消しても問題ないという記事複数。
ただしTTS Serviceは消さないほうがよさそう。
常駐もしないのでほっとく。

・SlideMeマーケットプレイス(削除)
google play入れたので削除。TapNowも同様

・TaskManager(削除)
1.メモリ使用量表記がおかしい
2.表示する必要のない、システムのものまで表示
3.タスクキルだけでなくいきなりアンインストールまでメニューに出るのは
フールプルーフの思想がなさすぎ
→代替インストール:高級タスクマネージャ(一時利用。後述)

・wifisetting(削除)
設定画面くらい自分で開けます

・Hi MSN(削除)
Bye MSN...ていうかスカイプ移行だし。

・UserManual(削除)
役立つ情報なし

・ブラウザ2.2
なんかえらいメモリ食うのでdolphin入れたのちに削除


7.あえて消さないもの

・FileManager
この使い勝手案外好きです

・電卓とカメラ
人畜無害


8.中華フォント入れ替え
日本語フォントはたくさんあるけれど、問題は

・JIS水準の問題
・視認性

にあり、「ゎたしゎ」とか書いてる人たちはJIS第1水準だけあれば十分OK。
どうせそれ以上の漢字なんて表示しても読めない以上、あっても意味が無い。
それ以前に中華フォント見たところで

「え?マジ?こんな時じゃなかったっけ?時とか書いてるし字じゃんマジウケるー」

てな感じでしょうからそもそも置き換えの必要性がない。

ともあれ、そこを乗り越えてとりあえずフリーの日本語フォントを探そうにも、
高水準の字体については結局IPAフォントから拝借しているケースがほとんど。
なので、最初からIPAexフォントあたりに落ち着くのが最適解。

差し替えの方法はさきほどのブログ内のこちらのページを参照。
リネームしてfontsフォルダにコピーするだけ。
設定ファイルいじる必要もないし、フォント管理アプリも一切不要。

ちょっとおかしな中華フォントを日本語フォントに変更
http://blog.livedoor.jp/wingkei2002/archives/27267957.html

ついでに一生縁が無いタイ語フォント消してもいいかも。


9.お役御免
・TitaniumBackup
・Superuserアプリ(unroot化、root化切替アプリ自体は残していてOK)
ほっとくと常駐するので、消すだけのものは消したのでここでさよなら。


8.それでも常駐してしまうもの
しばらく起動しておいて、勝手に上がってくるアプリを
高級タスクマネージャでチェック。

・設定:消したらまずい。
・google play:~20MB程度。最新版へのアップデート用に常駐

→全部あわせてもたいしたサイズでないため、放置。
高級タスクマネージャやタスクキラーの類自体が案外30MB以上食うので、
上記3つをkillするためにわざわざ常駐させておくほどのものでもない。
必要あれば手動でkillできるシンプルタスクキラーあたりいれとくと
いいかも。


10.ブラウザ選び

とりあえずpeacekeeperでベンチマーク。
OperaMiniやPuffinのような画面転送・データ圧縮型は対象外。
しかしまあ、この結果がアテにならない。

54 Opera Mobile Classic

38 FireFox Beta† ※一部スクリプトがタイムアウト。リトライで続行
38 Boat Browser Mini 5.3
37 Boat Browser 5.6
37 Dolphin Browser 10.0
36 Angel Browser 1.63b
35 Maxthon Android Web Browser 4.0.6
32 Sleipnir Mobile 2.10
30 UC Browser 9.0.2
27 ドルフィンブラウザ 9.4.2
27 Yahoo!ブラウザー 1.4.7

XX Next Browser 1.03 ※DOMTreeテスト終了しないため途中退場
XX Baidu Browser 2.0.0 ※DOMTreeテスト終了しないため途中退場

スコアは振るわなかったが、Y!ブラウザとDolphin(10のほう)は
比較的体感でもサクサク動くなと感じた。
Operaはなんかでら重い場面があるので遠慮したい。
Boatは広告の出し方が露骨になったのでさようなら。

→スコアもそこそこ悪くなく、体感速度も良好なイルカさんに決定。

Firefox BetaではARMv6ユーザーにぜひ使用してもらって、クラッシュレポートを出して欲しいそう。
協力してあげたら今後安定するかも?
ちなみにHTML5動画再生テストでまともに動作したのはこのブラウザだけだった。
あと、数回テストしてみたが結果の波が大きく、低いときは26だったりもした。
Yahoo(モバイル版)のトップページも崩れて表示。
現時点で常用には向かない。むしろ期待してない。
だからフィードバックもよこさない。そのくらいの出来。


■おしまい

これで空きメモリを起動時300MBオーバー確保。
青空文庫みるにはかなりのオーバースペック。

これで父の日プレゼントはバッチリ準備完了。


/** appendix **/

■その他できそうなこと
もうあげちゃったから手元にないのであとは想像。
2台目購入して確認

・ホーム画面の入れ替えをすると電池もちがよくなるかも

参考
orefolder.blog ー ホームアプリ比較(待機電力編)
http://www.orefolder.net/blog/2012/03/homebattery/
Zeam Launcherあたりよさそう。

→Froyo標準ホーム軽いのでそのまま。

・apkmanagerも差し替え可能かも
→表示機能が地味にいい感じなのでこのまま。


■統括 GF12という商品について

GF12が4000円で

・感圧式
・シングルコアCPU(ARMv6ベース)
・メモリ512MB
・ストレージ4GB
・標準的な解像度(800x400:32万画素)

というスペックなのに対し、最新の中華Padでは

・静電式
・クアッドコアCPU&8コアGPU(←一部に疑義あるが・・・)
・メモリ1GB
・ストレージ8GB
・高精細(1024x600:60万画素オーバー、IPS液晶のものも)
・その他こまごま



という、すべてが倍か倍々のハードウェアスペックを1万円切る
値段で達成した時点で、なにもかもが見劣りする事態に。
それでもGF12をチョイスする理由は

これで十分であり、それ以上必要としない

という理由以外存在しない。
もう一度書くけど

・バックライトつき
・カラー表示(65535色程度?だけど)
・動画再生(720pくらいまでなら楽勝)
・Androidアプリ使用可能



電子書籍リーダー

としては格安であると認識した場合に限り、購入した人は幸せになれると思うのです。