2014年11月14日金曜日

いろんなデジカメ画質比較

「携帯で十分」と言われて久しいカメラ。
手持ちのものでいろいろ比較してみる。

モデルは朝から庭でおくつろぎ中のネコくん(ノラ)。
日の出から余りたってないのでまだ少し暗い状況。
コンデジの撮影はフルオート。
ミラーレスは絞り優先(ISOオート)。
一眼も絞り優先、ただしKDNにISO自動設定がないので手動指定。

以上をAV230にあわせるため3倍ズームくらいで撮影したのを
Picasaでトリミングの上R13で1200x900にLanczos4で縮小、bmp化⇒
pictcutterで品質90でJPEG出力。

・富士フイルム FinePix AV230(2010年CCD)
弟が持ってた軽くてスカスカのコンデジ。
兄の強権を発動して召し上げた一台。
かわりに買って間もないオリンパスのSZ-16を押し付けてやった。
意にそぐわずカメラを取られた弟はきっと涙を流したに違いない。

元のモデルはAV200で、そのマイナーチェンジ版と思われるも
いかんせん情報がなさ過ぎて不明。多分2010年頃の爆安モデル。
ワイド側で32mmというある種驚異的なスペックを誇る。


まずネコくん逃げた(一番最後に撮った)。
それはともかく色がまったく出ていない。
この、テキメンに色をぶっとばしてくれる電子式手ぶれ補正が
OFFになるであろう、晴れた日の屋外では比較的まとも。
が、それ以外はかなり絶望的なのでおすすめしない。
日差し差し込む明るい午後の屋内でさえ、フラッシュなしで
使うという発想は絶対にやめたほうがいい。

ただしこいつはよい点もあり、ISO1600でのザラつき方が
いい感じに出て白黒で撮るとおもしろい画になる。
また、適度に寄ったW端32mmがスナップにこれまたよい。
すでに半ば壊れたので中古で1000円くらいならぜひ欲しいが、
中古でほぼまったく出回らない不思議なモデル。
たぶん中古に売りに出される前にみんな壊れてるのだろう。

・パナソニック LUMIX DMC-FX90(2011年CCD)
ハイスピードCCDを搭載。
コンデジの主流がCMOSに移行する前夜の2011年モデル。
この時点で熟成しきってるというか、頭打ち感あふれる中での
最後っ屁。

ISO400 1/13s

オリンパスに比べて状況判断がおりこうで、手振れ補正も
考慮しているのか手持ちISO400で撮影できた。
手動でISO800指定してもさほど画質に差が無かった。
同じLUMIXシリーズでの従来型CCDモデル(DMC-TZ3)では
ISOを上げるとノイジーになるか、あるいは暗部のノイズを
隠すためかどぎついコントラストになり発色がバカに
なっていたが、そういうなりが収まっている。

総合的には従来に比べて2段程度は余裕ある画がつくれるように
なったように見える。

ちなみに一部LUMIXシリーズに搭載されている「超解像」機能。
ズームではなく等倍で使用する代物であるが、これは恐らく
上記の電子式手振れ補正に考えが近く、複数枚の画をもとに
境界をくっきりさせる仕組みと推測するが、フジと同様
色が死んでしまうのでONにすることはおすすめしない。

上の画を見る限りでは露出オーバー目もいいとこ。
もう少し暗くていいからSS上げてくれなかったものかな。

・オリンパス SH-50(2013年裏面照射CMOS)
3軸手振れ補正&TruepicVI搭載。
2014年モデルのSH-60も基本設計は同一なので2014年時点の
1万円台コンデジ性能と見てOK。
前述の兄弟機SZ-16と基本性能は大差なく、使用感としても
静止画撮影で言えばマニュアルモードの有無程度しかその差を
認識していない。
SZ-16の「高速CMOS」とSH-50の「裏面照射CMOS」に明確な
差はまったくと言っていいほど、ない。

ISO1000 1/60s

ノイズを隠す処理は強力でISOを上げても大きな破綻はない。
しかしそのせいで油絵のような画になってしまう。
少しでも拡大しようものなら、ガラケーのカメラ機能にあった
”油絵風エフェクト”をかけた後のような絵面がコンニチワ。
また、自動ISO調整はかなり安牌目に寄っており、ほっとくと
すぐISO4ケタで撮ってしまうのでメリット台無し。
ISOオート時のISO値上限を設定できれば最高なのに、ない。
そのくせデフォルトではEVけっこう明るめに寄せてたり。
甚だ残念。
個人的には青っぽく出る画づくりはちょっと合わない。
一方キヤノンはRAWほんのり赤めに出るも、そっちのほうがより好み。

そう、今気づいた。今頃気づいた。
俺オリンパスの画、好きじゃないわ。3台購入した後でなんだけど。


・オリンパス PEN Lite E-PL1(2010年 M4/3)
「カメラは写真を撮る道具ではなくただのアクセサリ」
というコンセプトで世の女子らに訴求し、結果ミラーレス
人気に火をつけたPENシリーズ初期モデル。
そのおかげで中古の玉数が多く安価に手に入る。
ありがたや女子消費と中古カメラ店とヤフオク。

でもってTruepicV搭載。
このおばかちんエンジンはやっぱりISO4ケタ番長なので
画質を崩すのがとっても得意。
また、オートフォーカスがかなり頭悪く、FW1.1適用状態でも
あさっての方向にピントを合わせようとするため辟易。
基本中央一点AFが無難。

RAW⇒そのままJPG ISO1600 1/60s F5.6

もっとも。
せっかくのミラーレスなので、撮る側もちゃんといじって
撮影に臨んでるだろうから大きな弊害はないと思うけど。
ただそんな感じなのに、手動でISOひとつ変えるのに
2~3ステップ踏まないといけないのは非常に不満。
いじらせたいのかそうでないのか。

あるいはスタバのコーヒーかマカロンかなにかを撮って
iFinishで大胆なエフェクトをかけて元の画をぶっとばすなり
するんで、画質には案外そんなに大きな重要性がなかったり
するので結局どうでもよかったりするのだろう。

なお、キヤノンのキットレンズと異なり、レンズのタル型歪曲が
比較的大きく出るのでPicasaで手軽にいじるというよりは
面倒くさくてもOLYMPUS Viewerを使うほうがよさげ。
RAWにこだわるほどの画質でも無いので、いっそレンズ補正済みで
出力されるJPEG形式&出力フラット設定がずっと楽かも。
朝夕ISO高めに撮るとカラーノイズのドットがちらほら出るので
そういったシチュエーションならRAWがいいけども。
でもやっぱりそれもJPEG出力で事足りるのでどうもいまひとつ
RAWで残すメリットを感じられない。
いや、一応RAWにしとくけども、なんだかなあ。


・キヤノン EOS Kiss Digital N(2005年CMOS)
中古のレンズキットを7500円で購入。
ロックバンドKISSの格好をした子供らが「かわいく撮ってよ」と
歌ってねだるCMで世のママさんらにバカ売れしたモデル。
カメラはお父さん、からお母さんへ移行させた火付け役。
そのおかげでこいつも中古の玉数が半端ない。

手振れ補正レンズではないので朝夕は気合を入れて
使用しなくちゃいけないけど、慣れるとまあ大丈夫。

RAW⇒そのままJPG ISO800 1/40s F5.6

ISO200 1/8secでも撮れたけどハンデが大きすぎるので
焦点距離=シャッタースピード云々にのっとって
ISO800で撮れたもので比較。
さすがAPS-Cだけのことはあって、10年落ちかつ
ISO800でも比較的安定した画づくり。

このボディはデジタルレンズオプティマイザ非対応なので
レンズの歪みをデジタル補正処理することができない。
が、キットレンズEF-S 18-55 II USMは歪みが比較的自然で
無視してもいいレベル。
また、ボディのポテンシャルを鑑みると、手振れ補正つき
レンズを追加で買うくらいなら朝夕お気軽撮影用に中古のPENを
買ってきたほうがよほどハッピーになれそう。
てか実際ハッピー。


・(番外1) IS15SH(AQUOS PHONE)
2012年夏モデル。
撮った後自動でシャープ処理するのか、ノイズが目立つ。


・(番外2) URBANO PROGRESSO
同じく2012年夏モデル。
こっちはソフトだけど色の出方が自然で見た目がよい。



【まとめ】
「写真はスマホで十分」というのは決して間違いじゃない。
スマホで撮って、スマホで見るだけの人にとっては。
カメラを買う必要がないんだもんねえ。

そういう人らは一眼レンズキット並みの価格でお買い求めになった
スマホの価値に疑問を持ちつつもそれをごまかしたいがために
トランキライザーがわりにそんな言葉を吐いているだけなので、
ハイハイそうですカメラやレンズ買ってる私が金銭感覚ないんです
などと言ってあげるのが本当のやさしさってもん。

もっとも、Xperiaなんかはコンデジそのものだったりするので
2014年現在ではもう、諸手を挙げて賛成するほかない。