2017年6月30日金曜日

Huawei Ascend G620sにlineageosを入れる

Android7の世界へようこそ。

■必要なもの

・スマホ本体(よく充電しておく。内部ストレージに2GB程度の空き必要)
・WindowsPC(と、スマホ通信用のUSBケーブル)
・手が勝手にWindowsキー+R→cmdでコマンドプロンプト出せる程度の知識・経験・カン
・小一時間


■環境構築、下準備

・ブートローダをアンロックするためのパスコードを入手
ファーウェイのサイトで手続き。
S/Nはカバー外して目視確認。
EMEIは設定画面、もうひとつわけのわからんIDは電話画面で*とか#とか打ち込んで確認。



参考:Huawei G620S を買った & Root取った
http://mw17.hatenablog.jp/entry/2015/10/02/023133

・ADB and Fastboot コマンドが通るようにする
minimal-adb-fastboot-tool(1.43)が便利。
署名済みadbドライバもついてくるので導入ラクラク。

入手先
https://devs-lab.com/download-minimal-adb-fastboot-tool.html

・ファイル2種ををダウンロードし端末の内部ストレージに保存しておく
LineageOS本体とGAPPSをおいとく。
GPPPSはARM-7.1-picoでOK。

LineageOS入手先(Honor4/cherry)
https://download.lineageos.org/cherry
※ここではlineage-14.1-20170626-nightly-cherry-signed.zipを使用した

OPEN GAPPS入手先
http://opengapps.org/

・カスタムリカバリのイメージを入手
ちなみにここのcherry用のVer3系列はsize too largeエラーが出てどれも使えないので注意。
https://dl.twrp.me/cherry/

入手先(G620s用 3.0.3)
https://forum.xda-developers.com/honor-4x/development/recovery-twrp-3-0-0-0-touch-recovery-t3309504
※フルパスにスペースとかがあったらめんどくさいので自分はこれをc:\androidにおいた

・そのた
別端末として認識されるはずなのでLINEアカウント引き継ぎ設定をやっておく


■実作業

0.PCのウイルス対策ソフトを無効にする
不意の邪魔を避けるため念のため。

1.ブートローダのアンロック
通常のOSでなく、カスタムリカバリを読み込むための下準備。
これをやると同時に初期化される。

・デバッグモードにしてPCと接続

・PCからコマンド投入「adb devices」でデバイスとして見えていることを確認する

・PCからコマンド投入「adb reboot bootloader」でブートローダを表示させる設定にして再起動

・PCからコマンド投入「fastboot oem unlock (ファーウェイでもらった長い数字文字列) 」

・勝手に再起動する。再起動後は初期画面になってる。

・上記確認したら電源OFF


2.カスタムリカバリの導入
デフォルトのリカバリを「カスタムされた(別の)リカバリ」に入れ替える

・ボリューム(↓)を押しながら電源投入して起動。fastboot画面になってることを確認
このとき画面上赤字でunlockedになっている旨表示が出てることを念のため確認しておく

・PCからコマンド投入「fastboot flash recovery c:\android\TWRP_3.0.3-0_N_cherry.img」
※言わずもがな、イメージのパスは配置先・保存ファイル名に応じて適宜変更

インストールが終わったらここから先はPCでの作業はない。ここで電源OFF。
もちろんPC接続ケーブルも引っこ抜いていい。
終了(reboot)時にandroidにTWRP入れます?と訊かれるけど要らんのでSay Don'tしてグッバイ。


3.(端末上のTWRPで実施)バックアップ

・ボリューム(↑)を押しながら電源投入して起動、リカバリモード(TWRPの画面)へ入る。

・バックアップメニューから「システム」「データ」「Boot」を保全する
リカバリは内部ストレージ上TWRPディレクトリ内に作成される。


4.(端末上のTWRPで実施)イメージ焼き

・Wipe
Anvancedメニュー上でInternalStorage/microSD/USBOTG以外を消す。
WindowsでいうところのCドラフォーマットに近い。
当然のことながら内部ストレージ(WindowsでいうところのDドラ)まで消したら
バックアップもなにも消えるのでチェックつけない。
画面ロック状態になると遅くなるイメージ。
画面が暗くなると止まらぬようタッチしてあげると吉。

・書き込み
Installメニューからzip指定してインストール。
OSイメージを最初に。追加でgappsを入れる。
※終盤unknown commandというエラーが吐かれるが気にしなくていい。
ここで後述のbasebandも一緒に入れてやってもいい。

・再起動
初回起動は時間がかかるので気長に待つ。


おつかれさまでした。
一月程度みて安定稼働するようだったらバックアップ消しちゃおう。

【コンチプラン】
作業中ないし動作確認中に戻し作業が必要になった場合:
TWRPのリカバリメニューからバックアップ呼び出し。
通常は内部ストレージ内のTWRPフォルダに入ってるはず。



(おまけ)設定Tips

・googleアカウント
起動直後、Googleアカウントと同期しようとしてもWi-Fi拾わないので
いったん新規扱いにして設定するフリをしてネットワーク選択画面でWi-Fi設定。
済んだら戻ってGoogleアカウントと紐付けて設定。

・電波の設定
たまに電波拾わずパニックになるので、モバイルネットワークの画面で
優先ネットワークタイプをデフォルトのGSM/WCDMA/LTEから少し上にスワイプして
LTE/WCDMAに変更する。
でもってAPN設定で
・MVNOの種類をSPNに設定。
・APNタイプを「default,supl,ia」に設定。
たぶんbaseband入れ替えるとなおよし。

参考
Lollipop(Android 5.x)端末でネットワークが繋がらない、不安定な時の対処方法
http://sim-free-fun.com/miscellaneous-notes/lollipop-mobile-network.html

Ascend G620SでLTE接続出来ない時の対応方法を各MVNOが発表
http://careersmaho.com/ascend-g620s-lte/

・端末モデル名
G620S-L01として認識される。
設定書き換えて元通りL02にしてもいいけど、このままで問題ないので
リスク取る作業せずおいておく。
ちなみにこの時点でベースバンドは変更前に同じく11060009。(これは後述)

・FMラジオ
聞けたんだねこれ、知らなかった。
ここでカンカンガクガクしてるのが高みの見物で面白い。

『FMラジオ』 のクチコミ掲示板
http://bbs.kakaku.com/bbs/J0000014186/SortID=20217018/

海外仕様なので日本では88~90MHzオンリー。
なのでほぼNHK FM専用。関東では使いでゼロ。(なくもないが)
しかしいったい何がこのおっさんたちをラジオに駆り立てるのか。

イヤホン挿さないと聴けないかららじるらじるでいいや。

・空きメモリ(RAM)
システム系だけで900MB中常に600MB程度食うので重いゲームは諦めたほうがいい。
いっそ少しでもRAMがほしいならKitKatのままでいったほうがいいはず。
ゲームするならおとなしく2GBモデルに買い替えるしかない。
黒猫のウィズは問題なくプレイ可能。最大300MB程度消費。

(追記)
シャドバで最大瞬間風速600MBオーバーの数字が出た。
やや信じがたいがこの数字を素直に受け止めるならばそこそこ軽いOSともいえる。
実際落ちることなく動いたので案外ねばれるかも。
ただしsnapdragon410であるがゆえ絶対的な性能は期待できない。特に描画。
そこは割り切らねば。


・空き領域(ROM)
御存知の通り8GBしかないもんだからデフォで空きが小さい。
安定してることを確認したら上記で取得したバックアップは一旦外部メディアに
退避したほうがよさげ。

またスクストなどの容量重量級をインストールする場合はSDカードを内部ストレージに
統合してあげた運用がいい。
ただし読み書きがどうも遅いのでlineなどフットワークが求められるアプリは
内部においといたままにしたほうがいい。※後述

要するにほぼゲーム専用領域。
ただし重量級グラブルはSDに持っていけないので内部容量を食いつぶす仕様。
ていうかメモリ食いなのかスコブル重くてまともにできない。
(非力なURBANO PROGRESSOではサクサクできてたはずなんだけどなあ)

なおSDカードへの移動はフォーマット直後ないしストレージ画面の右上メニューから
明示的に「移動」指示してあげないときちんと有効にならない。

これを有効にすると基本的には内部ストレージがほぼほぼSDへ移動できないアプリ置き場
専用になり、画像などこまごましたものやアプリ置き場出張所がSDカード上に移動される。
ファイラーから見た内部ストレージの見た目は変わらないのでシンボリックリンクかなにか
張ってるだけなんだろう、単純な話。

なお上記作業をせずアプリを個別にSDカードへ移動すると、内部にもSDにも同じファイルが
鎮座することになり意味をなさないので注意。

カスタムリカバリ時にこのSDカードの領域が読めるか心配なので
自分はOSバックアップをSDカードでなく外部で保持し、いざとなったら内部へ戻す体でいる。

注:この作業を実施する前にカメラを起動し、保存先をSDカードにしていた場合
SDカードをロストすることになり警告が出てしまう。
その場合はカメラアプリのデータを消去して設定を初期化してやるとちゃんと戻るのであわてない。

Android 6.0 MarshmallowでSDカードを内部ストレージとして使う方法と注意点
http://www.orefolder.net/blog/2016/03/android6-marshmallow-internal-storage/

※具体的には
LINE 起動が遅いなどレスポンス悪化
黒猫のウィズ 攻撃時のエフェクトでプチフリ
Kindle 起動すらしない
iKnow! もっさり
おそらく画像を多く読み込むショッピングアプリもきついはず。
aliexpressはあかんかった。

なお、戻す際はSDカードをフォーマットする以外に道はなさげ。
本体の内部ストレージはandroidとbackupフォルダのみ存在し、
それ以外のすべてのフォルダがSDカード上に移動されてる状態なため

・DCIMディレクトリ内の画像ファイル
・ringtoneやnotification内の着信音
・downloadフォルダ
などなど諸々消えるのでバックアップ取得推奨。
音楽の趣味でしか自分をアピールできない、自分自身がカラッポな自意識過剰な人は
自前の着信音ファイルを適当に配置し直して戻す必要あり。

消えた下記フォルダを要作成
通知音:media > audio > notifications
着信音:Ringtones

興味がない人はプリセットままだはず。
一応確認したほうがいいかも。

なお着信音にプリセットのCyanToneをチョイスするとCyanogenMod(LineageOSだけどね)
使ってます的な中二病なアピール可能。

あと、人様のスマホん中に勝手にフォルダつくって(しかも.非表示とかな)広告用の
設定フォルダやら何かしらのデータフォルダつくったりする不届きなデータももろもろ
神様の洪水で消え行くので行儀良くノアのandroidディレクトリに保存されたまっとうな
データ以外はいっしょに流されてゆく運命。

SDカードを外部ストレージとしてフォーマットし直した直後

スクショ取ってはじめてPicturesディレクトリが作成されるくらいのクリーン。


【補足:もっと詳しい話】
動作に問題のないスクストはデータが単一の巨大なファイルであったのに対し
iKnow!は数KBレベルのファイルが大量に存在。

ここでも触れてるが、そもそもSDカードはクラスタサイズを大きく取るのは
得策でない。
どういうファイルシステムでフォーマットしてるか不明(PCから読めないらしいし)
なんで調べるつもりもないけれど、兎角細かいファイルは不得手の印象。
その点で言えば癖がありすぎてスクスト専用にしかならない。
個人的には使いみちがどうもわからぬ。
winnyで流出したおっさんの自画撮り変態独りプレイ写真みたいなデータが
スマホにたんまり入ってる人にはスマホ落としたとき安全なんだろうけど。

テストで使用したのは昔買った東芝のclass4(8GB)だったが、たぶんだけど
高速な規格のものを使っても大差ないかもしれんと踏んでいる。

・セルスタンバイ問題について
0sim(SMSなし)を使用してるとみるみるセルスタが電池を食いつぶしていたのが
lineageos導入でだいぶ軽減した。
データ通信ON+Wi-Fi
データ通信(LTE) w/o Wi-Fi
いずれも電池の減りが軽減したことを確認。
ただしそれでもやや食ってる感はあるのでWiFi運用時は機内モード推奨。

0sim用S620S 2号機


・音声通話の不具合
上記だけでもデータSIMなら問題なく運用可能だが、音声通話時音声が途切れたり
電話が切れない問題がある。
具体的には、こちらが聞く音声が途切れないが、相手方がブツブツになって聞こえてる。
また、音声通話が終了しないため電話アプリが「通話を終了しています」という
表示のまま画面が推移せず、終了させても裏では動いているため電話まわりが異常に
電池を食ったり、LINE通話ができない(電話と競合するため)現象が起こる。

そのためこれに対応したbasebandをTWRPで追加で導入してやる必要がある。
ワイプなどは不要。お好きなタイミングでインストールするだけ。

入手先
https://basketbuild.com/filedl/devs?dev=dianlujitao&dl=dianlujitao/cherry/baseband/4xqwt_lp_modem.zip

これを適用するとベースバンドが11060045になる。
MVNO用S620S 主機

2017年6月14日水曜日

ビデオメモリは何GBあればいいのか問題

VRAM搭載量2GBモデルと4GBモデルのビデオカード、どちらが買いか?
メモリ不足により性能の崖はあるのか?
ケチって同モデルの2GBモデルを買ったらまずいのか?

を調べてみる。

■ケース1
AMD Radeon RX 480 4GB versus Radeon RX 480 8GB
http://www.legitreviews.com/amd-radeon-rx-480-4gb-versus-radeon-rx-480-8gb_183576

テストに使用したのは
・Battlefield 4
・Fallout 4
・Far Cry 4
とベトナム人もびっくりのフォーづくしのタイトル。

結果は全く差がつかず。


■ケース2
Video Card Performance: 2GB vs 4GB Memory
https://www.pugetsystems.com/labs/articles/Video-Card-Performance-2GB-vs-4GB-Memory-154/

テストに使用したゲームタイトルは
・Skyrim
・Battlefield 3
・DiRT Showdown
の3つ。

こちらも結果に差はなし。


■ケース3
VRAM Put to the Test: 2GB vs. 4GB GTX 960 and R9 380, 4GB R9 290 vs. 8GB R9 390
http://www.techspot.com/review/1114-vram-comparison-test/

テストに使用したゲームタイトルは以下の通りで
これでもかと並べている。

・Crysis 3
・Assassin's Creed Syndicate
・Grand Theft Auto V
・Just Cause 3,
・Star Wars
・Battlefront
・Dying Light
・The Witcher 3: Wild Hunt
・Battlefield 4
・Rainbow Six Siege
・Shadow of Mordor
・Dragon Age: Inquisition

GTAVやJust Cause 3の高解像度環境で一部差異が見らてたものの
おおむねおんなじ。
おんなじ結果のために単純作業を繰り返すのはさぞ
気の乗らない作業であったことだろう。

結論づけとしてメモリ搭載量の異なるモデルを用意するのは
単純にマーケティングのためで、価格差になーも見合ってないとしている。


■ケース4
以上でもう結論出たんでもう何も書くまい。



□閑話休題
オーケー、2GBありゃいいってことはわかった。
じゃあいったい最低何GBだったら満足に動くのか?
1Gbと2GBの差を見に行く。


■ケース5
Palit NVIDIA GTX460 in Surround: 1GB vs. 2GB - DiRT 2
http://www.wsgf.org/book/export/html/1346

でかでかな解像度なら差が出るも
フルHD程度なら1GBも2GBも差がない。


■ケース6
1Gb or 2Gb vram - AnandTech Forums
https://forums.anandtech.com/threads/1gb-or-2gb-vram.2275151/

どっかから画像を引っ張ってきているも元ネタが死んでる。
skyrimでは顕著に差が出ているもほかは横並び。


■ケース7
Club3D HD 7850 Royal Queen 1 GB
https://www.techpowerup.com/reviews/Club_3D/HD_7850_RoyalQueen/

こちらもいろんなゲームでテストしているが
異様に解像度が大きいと1GBモデルは起動すらしないタイトルも。
でもやっぱりフルHD程度ならおおむね差がつかない。


■ケース8
VRAM 1GB or 2GB? - [Solved] - Graphics Cards - Tom's Hardware
http://www.tomshardware.com/forum/335186-33-vram

こちらも比較に使用しているのはバトルフィールド3。
結果はおなじ。
2011年のタイトルだからちょっと古いかなと言う気がしないでもない。


□結論
4K安くなるまでいっそ1GBでいいや
つかむしろ2GB主流だから何も悩むことはないや

2017年6月13日火曜日

バイオハザード7(resident evil7) 設定メモ

使用したのは前回に引き続きGT710(2GBモデル)をOCかましたもの。
なので低スペックGPU~intelCPU内蔵程度を想定。
目標は30fps維持してのプレイ。


【大きな流れ】

1.60fpsを目標にインターレース設定・フレームレート60で下記項目を設定。
2.ひととおり50fps台で落とし込みどころを見つける。
3.フレームレートを30fps固定、レンダリング方式を標準に変更。
4.家の中を30fps維持して走り抜けられればOK。
要所はキッチンと1Fから2Fのあいだの階段。
ダメならレンダリング方式をインターレースに戻す。
できればこのときFRAPSなりGPU-ZなりでGPUの負荷を確認しながら
テストすると吉。
負荷100%にはりつくのではなく、常時2割程度余力を残すような塩梅。


extra)
5.余裕があればイメージクオリティを1まで0.1ずつ上げてみる。
6.それでも余力があればテクスチャ品質を上げてみる。
7.まだまだそれでも余裕があれば解像度を上げて1からやりなおし。


【各項目について】

・画面解像度  最低1280x720はほしい
できれば1600x900でいきたいけど動作がもっさりする。
このゲームは動作が重いとコマ落ちではなく動作遅延・音ズレにつながる。
ひどいと40fps出ているにも関わらずアンドレと言い合ってるシーンでは
口の動きと言葉・字幕がばらばらになる。

・ディスプレイ周波数 60.00Hz
こんなビデオカード使ってるんでお高いモニタ持ってない。

・画面モード ウィンドウ→フルスクリーン
フルスクリーンのほうがややFPS値が伸びるので
すべての設定が終わったらフルスクリーンに設定。

・視野角 90
広いほうが快適だわな。
狭いほうが速度的にいいんだろうけど。

・フレームレート 60→30
上述の通り。

・垂直同期 オン
最後の総仕上げのタイミングでオンにすればOK。

・レンダリング方式 インターレース→標準
串ノイズが出るのかと思ったらそうでもなく、むしろ低スペでは必須の設定。
3割ないくらい軽くなる。ただしチラチラする。
こいつはアンチエイリアスでどうにかできるが対策が一長一短。
詳しくは後述。

・イメージクオリティ まずは0.7~0.8から
全体的な画質を決定する項目。
低スぺでは1でもきつい。最低値の0.5はひどい。
どんなに最低でも0.6は欲しい。
0.7からの0.8は画質・負荷ともにけっこう体感差がある。
なので低スペではまず0.7あたりが落としどころ。
目安としては1ノッチ1割程度フレームレート低下。

まずここ以外を固定にして余裕があればここを上げる感じ。
ただし高い解像度で低くこの値を設定するくらいならひとつ下の解像度で
より高いイメージクオリティを当て込んだほうがいい。
要するに解像度よりもここが重要。

0.5


0.8


1


手元の環境で0.8を超えると操作が激重になるので
おそらく全体的な処理に影響してきつくなってる。

・テクスチャ品質 中
イメージクオリティが甘いせいで、中にしても高にしても
見た目・負荷ともに変わらず。

・テクスチャフィルタリング品質 最高
変えても影響まったくない様子。だったら最高で。

・メッシュ品質 最高
変えても影響まったくない様子。だったら最高で。

・アンチエイリアス FXAA
なしは選べない。が、TAAはぼけぼけ。
FXAAがTAAに比べ格段によい割に性能低下具合は低い。
SMAAはFXAAよりもうちょっとおりこうにした感じなのだろうが
あまり効果は感じられない。なのでFXAAでいいや。

TAA


FXAA


・モーションブラー オフ
モーションブラー好きじゃない。

・エフェクト発生量 低
まあ、描画は少ないほうがいいよね。
大きく影響しないだろうけど気持ちの問題。

・被写界深度 オフ
おそらく写真のようにピントの合う範囲のことを言ってるんだろう。
スペック不足で画面全体ピントあってないようなもんなので
オフにする。影響は1割程度。

・影品質 中
最低は文字通り見た目最低。低もあまりよろしくない。
中は見た目まずまずで負荷も低とかわらない。
高に設定すると少しFPS落ちるが中と違いが感じられない。
なので中が最適解。

最低











・動的な物体の影 オン
光源やさえぎる物に動きがないシーンでは影響なさそう。
また、これといって大きくFPS値落ちることもないのでオンで。
重そうだったら切ればいいや。

影なし


影あり


・影のキャッシュ オン
上記とセット。キャッシュを効かせることで
デメリットはないはずなのになぜ選択制にしたのかがわからぬ。

・アンビエントオクルージョン オフ
陰影をはっきりさせ見た目をるもの。が、この設定下ではほとんど差は感じない。
屋外だと差が出るのかな。
負荷が大きめの部類なのでまずは切っておくといいはず。

・ブルーム効果 オン
描画品質というより演出の類。
後光のエッジがぼやけるようなやつ。
負荷はほぼないはずなのでお好みでオンでもいい。

効果OFF


効果ON


・レンズフレア オフ
別にいらないかな、人間の目はレンズじゃないし。
パフォーマンスへの影響はそんなにはなさそう。お好みで。
その点でいえばモーションブラーもそもそも人の目を模した
演出ではないので必要性を感じない。

・ボリュームライト品質 なし
今作の目玉と言っていいもの。
力入れてる≒スペック要求が大きいんで切っとく。

・スクリーンスペースリフレクション オフ
これもありがたみがわからん。水面なんてないし。
反射系はそこそこ重いので切っておく。

・サブサーフェイススキャタリング オフ
皮膚の質感をあげますとあるが、そんな余裕はない。

・色収差 オフ
レンズフレアに同じ。

・色空間 BT709
デフォのsRGBよりコントラストがはっきりした具合に。

参考)
What is the difference between the sRGB and BT.709 colour spaces?
https://www.overclock3d.net/reviews/software/resident_evil_7_biohazard_pc_performance_review/4


【自前の環境では最終的にこんな感じ】
※この後ブルームと色空間をいじってる





【スペックについて】

環境はCPUがCorei5-2400S メモリ8GB。
中古1万円で買ってきたPCにビデオカード3.5K円、買い増した中古メモリ1.5K円の
しめて15000円のマシン。

※試行錯誤中の状態

まず大前提のメモリ。
メインメモリ4GBでは起動すらしなかった。
仕方ないのでヤフオクで4GB追加で仕入れてメモリ倍増。
こうしてみるとコミットで物理メモリ以上押さえている。
が、実際にはせいぜい1.8GB程度しか使われてなかった。
製品版はどうかわからんが実際のところ6GBあれば十分なんじゃないか。

次にビデオカード。
VRAMが2GB満杯まで食べ放題。
さすがにこうだと1GBモデルでも大丈夫じゃなさそうな予感。

でもってCPU。
せいぜい2コアしか使われていない。
3コア4コアあってもしょうがないのかなと思っていたが実際は
けっこうバリバリ使えるようにはなっているとのこと。
なので、GPUが足引っ張ってるせいでCPUが遊んでるということになる。
おとなしくクアッド以上は用意しとけということだろうか。
GPU買い換えたら要検証。


【参考】
Resident Evil 7 PC Performance Breakdown And Most Important Graphics Options
http://www.game-debate.com/news/21989/resident-evil-7-pc-performance-breakdown-and-most-important-graphics-options


【おまけ FXAAとTAAどちらがよいか問題】

インターレースにすると2割ほどフレームレートが稼げる。
その分、イメージクオリティを2ノッチ上げることができるので
画面のクリアさでいえばインタレ+IQ1.0に軍配が上がる。

しかしこれだとチラつきが大きい。
バイオハザード5や6ならいざ知らず、今作でこういうアーティフィシャルな
ものは雰囲気が台無しなのである。

これを解消するのにTAAの相性がよい。
が、上述の通りTAAはかなりソフトな画づくりになるため稼いだ
ディテールはほぼ相殺される。

ジャギが出やすい場所で比較。

標準+FXAA+IQ0.8


インタレ+TAA+IQ1.0


こうして見るとインタレのほうがジャギが目立たないため
あえてインタレを選んだほうがよさそう。
しかしジャギが気にならない場面で見ると

サンプル1
標準+FXAA+IQ0.8


インタレ+TAA+IQ1.0


サンプル2
標準+FXAA+IQ0.8


インタレ+TAA+IQ1.0


とまあ、結局ディテールで負けてしまう。
ここらへんは完全に好みの世界かもしれん。
ちょっとどっちがいいって答えが出しづらい。
ちなみにSMAAはここらへんのジャギ除去は苦手の様子で
FXAAとあまり変わらなかった。

ディテール優先ならFXAA、ジャギ除去優先ならTAAだろうか。

補足
言わずもがな、低イメージクオリティと
TAAを合わせると悲惨なことにしかならないので
その組み合わせは論外。